製品情報
画像

年金機構で発生した、メールによるウィルス感染からの情報漏洩事件に続き、
東京商工会議所でも、標的型メール攻撃によるウイルス感染で、個人情報漏洩があったと判明しましたね。。
それぞれ人、組織、ITの仕組みの問題があるとは思いますが、本日はITでできることをご紹介します。
みなさんの会社のメールも一度チェックをしていただき、ITの力で機械的に予防する時代でもあることを今一度ご確認ください。


『Exchange Onlineなら大丈夫!、コンプライアンス時代の最強メール機能!』

Office 365で提供されているメール機能(Exchange Online)では、次のような不審なメール対策がされています。

◆送信元を詐称してくるメールへの対策◆

Exchange Onlineでは、送信元が詐称されたメールを、ユーザーは受信しません!

実際にはスパムメールとしてフィルターします。
SLA[サービス条文]にもスパム検知率が定義されています。

●どんな仕組みなの?
巧妙に送信元のアドレスやドメインが詐称されていても...
メールに記載されている送信ヘッダー情報と送信元IP、ドメインとの認証状況をチェックし、
事前にスパムメールとして不正なメールとしてフィルターをしてくれます。


●DKIMとDMARCによるメール認証の仕組みはコチラ↓
https://community.office365.com/.../enhanced-email-protection...


◆送信したメールがお客様先でスパムメールとして処理されるメールへの対策◆

送信したはずのメール、お客さまから「届いていない!」と言われたことはありませんか?
実はお客様側では「迷惑メールフォルダー」「スパムメール」に振り分けがされていることがあります。
古いメール環境をお使いの方で「送信者(Sender)アドレス」を自由に変えられる方は、ご注意ください!
コンプライアンス時代のメールサーバー(Exchange Online)では、
「送信者(Sender)アドレス」情報は自由には書き変えられないのです。

最近よく見かける例では、メールの送信者が「●●の次の代理で送信しました」「On behalf~」という代理送信の宛先情報が表示されますよね。
それは、上記の送信者アドレスを書き換えていない上で不正なメールとは認識させないための機能なんです。


◆メーラーのプレビュー機能でメールウィルス感染したくない方への対策◆

メールに添付されていたファイル「EXEファイル」を開いてウィルスに感染しちゃった!!!

随分前に流行したウィルス感染原因ですよね...

「Outlookを使っているとメールのプレビュー機能があるからウィルス感染し易いんでしょ??」
と疑われる方も多いと思います。

しかし、Outlook(Microsoftさん)も、そう同じ手でウィルス感染なんてさせませんよ!!

Outlook 2010では、添付ファイルが来ても、プレビュー時にOffice文書の中身だけを表示し、安全かどうかの確認ができます。
Office文書の機能を無効化し、読み取り専用で表示。ウィルスも動けない状態です。)
このプレビューの強化機能「保護ビュー」という機能が、Outlookにも追加されています。
不審なファイルをいきなり開いてしまう、なんてことはありません!!!
*そもそもですが、、、Exchange OnlineではEXEファイルの送受信は出来ません。

●[Exchange Onlineの拡張子(添付ファイル)のブロック情報]
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff715282.aspx


いかがでしたでしょうか?
今お使いのメール環境は大丈夫ですか?
まずは最新のコンプライアンス時代のメール環境(Exchange Online)へお乗り換えくださいね!



製品情報に関する記事

新しい法人向け永続版Office「Office LTSC」って何?
働き方改革にも役立つ?Teamsについて教えます!
GIGAスクール構想のライセンス「GIGA Promo」の特徴と機能
これであなたも敏腕プランナー?Office 365 Plannerとは
デバイス管理とモバイルアプリケーション管理を簡単に行えるIntuneってどんなサービス?詳しく解説!
もしも・・・の備え!Exchange Onlineのメール暗号化
メールサービスはやっぱり安全&便利なExchange Online!
マイクロソフトのライセンスプログラムの違いは?~CSP/OPEN/MOSP の比較~
Office 365のメール「Exchange Online」のプランの違いは?
共有PCでMicrosoft 365 Apps(Office)を利用するための条件をまとめてみた
Power BIって何?無料で使える?無料版と有償版の違いや注意点
Office 2019とOffice 365のOffice、同じになった機能・異なる機能比較
Remote Work Starter プランとは?付帯する機能や出来ること・出来ないことまとめ
サポート切れのOffice、そろそろ乗り換えない?
製品情報 サポート切れのOffice、そろそろ乗り換えない?
これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ
AzureとOffice 365の違いを解説!
製品情報 AzureとOffice 365の違いを解説!
メールのトラブルにお困りですか?迷ったら王道のExchange Onlineへ!
ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!
さようなら、Skype for Business...!?どうなる、Office 365のweb会議機能
Office 365・Microsoft 365のプランと価格ラインナップをご紹介します
これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ
お悩み別!あなたにピッタリのOffice 365はどれ...?
利用者必見の鉄板オプション!
標的型メール対策なら Microsoft Defender for Office 365 におまかせ!機能からプラン・価格まで
Office 365のSharePoint Onlineとは?
製品情報 Office 365のSharePoint Onlineとは?
気になるTeamsのライセンス体系を解説!
製品情報 気になるTeamsのライセンス体系を解説!
Azure AD Premiumってなに?
製品情報 Azure AD Premiumってなに?
Exchange Online Plan2のメールボックス容量変更!(100GBへ)
Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?
Office 365のOfficeの次期バージョンは「Office 2019」...じゃない?
OfficeをインストールしたらTeamsがついてきた!?これって使えるの?
無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
製品情報 無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
【重要】Office 365・Microsoft 365のプラン名称が変更となります(4月21日~)
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software on CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする