IT管理者向け
画像

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
JR東日本ウォータービジネスの「every pass」というサービスをご存知ですか?会員になると、JR駅構内にある自動販売機(スマホアプリなどをかざせる最新式のかっこいい自販機)で、ペットボトル飲料を1日1本受け取れるのだそうです。

これも、「サブスクリプション」ビジネスの一つですね。サブスクリプションというのは、「1回買ったら終わり」というような従来の買い切り型の商売とは異なり、一定期間の利用権として料金を支払うモデルのことを言います。

駅で買うペットボトル飲料ですらサブスクリプション化するこのご時世ではありますが、ビジネスで利用するサービスにおいては、サブスクリプションで購入(または販売)することにまだ抵抗があるという企業さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、このMicrosoft 365 相談センターで紹介しているMicrosoft 365(Office 365)も、サブスクリプション("CSP"という販売プログラムですが、販売パートナーの皆さんはよくご存知ですよね)でご提供していますが、従来のほうが良いという声もちらほら聞こえます。

そして今回、将来的にサブスクリプションに移行するためのライセンスがリリースされることとなりました!
【 Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP)※ 】 について、ご紹介します。

特に、Microsoft 365(Office 365)を販売されている販売パートナーの担当者の皆さんは、お客様にご提案する上でも大切な情報が盛り沢山ですので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。エンドユーザー企業の方も、サブスクリプションへの移行はユーザーにとってメリットのあることですので、是非参考にしてください。

  • Software on CSP とも呼称されています。
  • 2020.11.13更新:もともと"Software on CSP"とMicrosoftより案内があり、ブログでは"on CSP" とご紹介していましたが、昨今"in CSP"の呼称がメジャーになってきたことを踏まえ、このブログ記事内の呼称も"in CSP"に修正しました。

Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP)とは

従来買い取り型でご提供していたオンプレミスのサーバー/クライアント製品の永続ライセンスを、Microsoft 365(Office 365) や Azure などで提供しているのと同じ CSP ライセンスプログラムでご提供することです。 これにより、販売店/エンドユーザー企業にとっては下記のようなメリットがあります。

販売店とってのメリット・デメリット

メリット
  1. 見積/納品時間の短縮
    SB C&Sへのお見積の確認が不要になります。CSP価格表で見積ができます。
  2. お客様のライセンス情報が見える
    販売店専用の「Partner Center」で、お客様の契約ライセンス情報を確認できます。納品支援やアップセル/クロスセルのご提案もしやすくなります。
  3. 納品/ライセンス管理がシンプルに
    CSP契約企業さまが「VLSC」と「Microsoft 365 Admin Center」の2つの環境を使わず1つの環境で管理ができるようになります。
デメリット
  1. Software Assuranceの販売はない(OpenのSAとの併売も不可)

エンドユーザー企業にとってのメリット・デメリット

メリット
  1. ライセンスが混在していても、ライセンス管理はシンプルに
    一部の拠点や部門ではクラウドのMicrosoft 365を使いたいが、どうしてもオンプレのサーバーも残す必要がある、といったケースでも、永続型ライセンス(Software in CSP)なら1つの管理場面でライセンスの管理ができるようになります。
  2. ライセンスの最小購入数は1ライセンス
    従来の買い切り型ライセンスでは最小購入数が3ライセンスからでしたが、永続型ライセンス(Software in CSP)では最小購入数は1ライセンス。より柔軟に従業員数に応じたライセンスの購入が可能です。
  3. FAQ情報提供 SB C&S経由の商流でご契約いただいた場合、SB C&Sが提供するご契約ユーザーさま専用のFAQサイトで、製品に関するFAQ(5,000以上掲載)をご利用いただけます。
デメリット
  1. エンドユーザー(企業) 間でのライセンスの譲渡が出来ない
  2. 分割での支払いはできない
  3. 機能、設定/セットアップ、導入展開、カスタマイズなど、契約後の技術サポートは受けられない

 

Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP)の対象製品

現在、Software in CSPで取り扱える製品は下記のとおりです。

 

サーバー製品群 ・Windows Server製品(予定)
・SQL Server製品(予定)
デスクトップクライアント
アプリケーション製品群
・Office Standard /Professional Plus 2019
・Word/Excel/PowerPoint/Publisher/Outlook/Access 2019
・Office Standard 2019 for Mac
・Word/Excel/PowerPoint/Outlook 2019 for Mac
・Visio Standard/Professional 2019(予定)
・Project Standard/Professional 2019(予定)
・Skype for Business 2019(予定)
 

 

既存のライセンスプログラムとの違い

ライセンスプログラムによる違い

 

ご注意事項

電話やメールによるサポートは付帯していません

Microsoft CSP 永続型ライセンス(Software in CSP)は電話やメールによるサポートは付帯していません。
その代わり、Microsoft 365 相談センターを運営するSB C&S経由の商流でご契約いただいた場合、「サポートサイト」にてオンラインサポート(FAQ)を無料でご提供いたします。サポートサイトでは、5,000以上のFAQを掲載、日々最新情報にアップデートしております。

また、テクニカルサポートを希望の場合は、マイクロソフト社の有償プロフェッショナルサポートの購入が必要となります。

エンドユーザー(企業)間でのライセンスの譲渡ができません

従来の買い切り型ライセンスでは、デバイスライセンス的な使い方でユーザー間でのライセンスの譲渡が行われてきたと思いますが、永続ライセンス(Software in CSP)では、ユーザー間でのライセンス譲渡は認められておりません。

Software Assurance は提供されません

永続型ライセンス(Software in CSP)では、Software Assurance(通称:SA)が提供されません。Officeなどのライセンス自体は Software in CSP で契約して、SAをOpenで追加契約する...といったことは出来ませんのでご注意ください。

(販売店向け) ライセンスの再再販は出来ません

従来の買い切り型ライセンスのときも同じですが、二次店・三次店へのライセンスの再再販は、Software in CSP でも認められていません。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、 【 Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) 】 について詳しくご紹介してまいりました。

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • 永続型ライセンス(Software in CSP)とは:従来買い取り型でご提供していたオンプレミスのサーバー/クライアント製品の永続ライセンスを、Microsoft 365(Office 365) や Azure などで提供しているのと同じ CSP ライセンスプログラムでご提供すること
  • 販売店やエンドユーザー企業にとって、メリットもデメリットも存在する
  • 対象製品は現時点ではOffice製品のみ。今後Windows ServerやSQL Server製品も追加予定。

現時点では、従来の買い切り型ライセンスこと、Open ライセンスプログラムが終了する可能性について明確な情報は発表されていません。しかしMicrosoft社の今までの動向も考えると、将来的に Open ライセンスの提供が終了する可能性も否定できません。

今回の永続型ライセンス(Software in CSP)は、従来の買い切り型ライセンスを「in CSP」という名前に変えただけで中身は大差ないようにも見えますが、将来的にサブスクリプション型のライセンス(CSP)に移行していただくための足がかりとしては、販売パートナーの皆さんにも、エンドユーザー企業の皆さんにも意味のあるライセンスではないでしょうか。「まだサブスクには移行できない...」という企業の方も、検討していただきやすい、ひとまず乗っかりやすいライセンスであるかと思います。

この他法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

IT管理者向けに関する記事

もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
IT管理者向け Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
Office 365 Businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする