製品情報
画像
  • ★ この記事は3分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。Microsoftのライセンス体系は非常に複雑ということもあって、Office 365・Microsoft 365 相談センターにはよくライセンスに関するお問い合わせをいただきます。

そこで今回の記事では、Office 365・Microsoft 365の商談の際によく出てくるであろう中堅・中小規模でご利用される企業向けに提供されている3つのマイクロソフトのライセンス プログラム 【 MOSP・Open・CSP の特長と違い  】 についてご紹介します。

Office 365・Microsoft 365の販売に携わる販売店のご担当者さまはもちろん、自社でOffice 365・Microsoft 365を導入したいが販売店から聞き慣れないプログラム名を言われて混乱している、というエンドユーザー企業のご担当者様にもおすすめの内容ですよ。

マンガ解説資料を無料でダウンロードする

1.マイクロソフトの中小・中堅規模企業向けライセンスプログラムの種類と特長

Microsoftの中堅・中小規模でご利用される企業向けの Microsoft 365/Office 365 のライセンスプログラムには、大きく分けて「MOSP/Open/CSP」という3つのプログラムがあります。それぞれの特長を1つ1つ見ていきましょう。

(1)MOSP -Microsoft Online Subscription Program-

「MOSP」とは、Microsoft Online Subscription Programの略称で、別名でコマーシャルダイレクト(Commercial Direct)とも呼ばれます。主に、個人事業主や小規模事業者を対象とした、Microsoft から エンドユーザー企業が直接契約・購入するプログラムです。

MOSPの特長
商流 Microsoft→E/U
契約・更新方法 月/年次(自動)更新
(MicrosoftのWebサイト上で直接契約)
サポート窓口 Microsoft
支払い方法 クレジットカード
(一定金額以上で請求書払い可能)
特長 ・サブスクリプションモデル
・Webサイトから簡単に申込、即日利用開始OK

(2)Open -Microsoft Open License Program-

OPEN とは、Microsoft Open License Program の略称で、販売代理店を通してご契約いただき、請求書払可能なライセンスプログラムです。Openの中にも、Open BusinessやOpen Value、Open Value Subscription※1 ともう少し細かいプログラムの種類があるのですが、このうち、Open Businessでのライセンスの販売は2021年末で終了するというのが注意いただきたい重要なポイントです。

Openの特長
商流 Microsoft→SBC&S→販売店→E/U
契約・更新方法 年次(手動)更新
サポート窓口 Microsoft
支払い方法 請求書払い
特長 ・疑似的なサブスクリプションモデル
・1年間のプリペイドチケット方式のライセンス
・購入済みライセンスはMicrosoft 365/Office 365へ有効化する必要がある
2021年でOpen Businessの販売は終了
  1. ※1 Open Value, Open Value Subscription については、2022年以降も販売継続予定です(2021年7月9日現在)

(3)CSP -Cloud Solution Provider (Program)-

CSPとは、Cloud Solution Provider (Program)の略称で、Open と同じく販売代理店を通してご契約いただき、請求書払可能なライセンスプログラムですがOpen との大きな違いとして、ご契約後のサポート窓口がSB C&S(または販売店)となることが挙げられます。そして当面、Microsoftが継続注力すると思われるライセンスプログラムでもあります。

CSPの特長
商流 Microsoft→SBC&S→販売店→E/U
契約・更新方法 月/年次自動更新
サポート窓口 SB C&S または 販売店
支払い方法 請求書払い
特長 ・サブスクリプションモデル
・販売店独自ブランドとして販売ができる
・販売店の関連会社、またはその先の2次/3次店への再々販(多段商流)NG

 

2.ライセンスプログラムはどこで確認できる?

ここまででご紹介したライセンスプログラムですが、では実際に今どのライセンスプログラムで契約しているか、気になりますよね。
お客さまがMicrosoft 365・Office 365を現在ご利用されている場合、Microsoft 365管理画面の「課金情報>お使いの製品」の表記から、各ライセンスプログラムを見分けることができますよ。

ライセンス プログラムの確認方法(1)

ライセンス プログラムの確認方法(2)

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、中堅・中小規模でご利用される企業向けに提供されている3つのマイクロソフトのライセンス プログラム 【 MOSP・Open・CSP の特長と違い  】 についてご紹介しました。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • MOSPとは:主に、個人事業主や小規模事業者を対象とした、Microsoft から エンドユーザー企業が直接契約・購入するプログラム
  • Openとは:販売代理店を通してご契約いただき、請求書払可能なライセンスプログラム。Open Businessでのライセンスの販売は2021年末で終息することに注意!
  • CSPとは:Open と同じく販売代理店を通してご契約いただき、請求書払可能なライセンスプログラムですがOpen との大きな違いとして、ご契約後のサポート窓口がSB C&S(または販売店)となる

尚、当ウェブサイト(Microsoft 365 相談センター)のお見積り・ご購入案内のページでは、基本的にCSPのライセンスの価格をご案内しております。導入の際はぜひこのページも参考になさってください。

この他、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

 

Microsoft 365の導入を相談してみる

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする