Office 365 全般

ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!

  • 2014年06月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!

本当に最近はOffice 365大人気ですね!
京都大学に続き、東京大学も導入を決定しました!!
法人様でも名前が出ていませんが、"超大手企業さん"が続々と導入を決定されていますね。

少し前までは、Google Appsや他競合サービスとの比較が多かったのですが・・・
最近では、Office 365同士での競合商談も...嬉しいけど、少し切ないです・・・。

そんなOffice 365の競合商談時では、やはりOffice 365提案力で差が付きます。
お客様が求めるニーズに対してお得な提案ができるかがキーポイント!

やはりお客様は、価格もそうですが、「買う人(相手)」を見ていますよね。


Office 365の提案時にプラン選定、機能確認はどんどん複雑化して面倒ですよね。
でも、提案の確認を怠ると...こんな結末が待ってたりします。

「別の会社さんの提案は、プランの構成が違ってさらにお得なんだよね!、今回は別の会社さんにお願いすることにしたよ!!またね!」

(ガ~~~ン!!!!)

そんな悲しい思いをしないために、もう1度、Office 365の純正オプションを振り返ってみましょう。


◆メール編:メールアーカイブ!オプション

Exchange Online Archiving


【こんなお悩みにピッタリ!】

  • ・50GBのメール容量をもっと大きくできませんか?
  • ・ユーザーの削除したメールを含む全てのメールを管理者側で監査できるようできませんか?
  • ・Exchange Online Plan 2やPlan E3だとアーカイブは標準機能だけど、ちょっと高いよね、もう少しお得なプランは無いの?

【Exchange Online Archiving なら・・・】

  • 「容量無制限!」
  • ・「管理者による監査可能!(インプレース保持)」
  • ・「Exchange Online Plan 2より、ちょっとお得な価格!」

アーカイブは最早メール商談の鉄板機能です。いかにお安くできるかも1つのポイントですよ。
Exchange Online ArchivingとExchange Online Plan 2には機能の違いが1つだけあるけど、あまり必要とされるケースが...

◆ファイル共有編:ファイル容量拡張!オプション

Office 365 Extra File Storage(旧名称SharePoint Online Extra Storage)


【こんなお悩みにピッタリ!】

  • OneDrive for Businessは1TBで十分過ぎるけど、SharePoint Onlineの容量は10GB~では足りない...
  • ・ファイルサーバーが10GB以上あって、できればSharePoint Onlineに引越ししたんだけど...
  • ・OneDrive for Businessの1TBって、SharePoint Onlineに分けられないの?

【Office 365 Extra File Storage なら・・・】

  • 「SharePoint Onlineの容量が拡張できる!」
  • ・「Plan Pなら1TB、Plan Mなら20TB、Plan E系なら無制限に拡張できる!」
  • ・「1GB単位で月額で拡張できる!しかも月額17円って安っ!!」

以前まではOneDrive for Businessも拡張対象だったのですが、
OneDrive for Businessの標準容量が1TBへ変更されるため、
SharePoint Online側のみの容量拡張になり、名前も変更になってしまいましたね。

◆安全性強化編:暗号化・文書保護!オプション

Windows Azure Active Directory Rights Management


【こんなお悩みにピッタリ!】

  • メールのうっかり転送による情報漏えい対策はできないの?
  • 共有しているファイルの情報漏えい対策はできないの?
  • Office文書自体の情報漏えい対策はできないの?

【Windows Azure Active Directory Rights Managementなら・・・】

  • 「Exchange Onlineと組み合わせて使えば、転送禁止も可能、万が一転送されても暗号化でブロック!」
  • 「SharePoint Onlineと組み合わせて使えば、ファイルへのアクセス権もダウンロード後の操作制限もできる!」
  • 「Office 文書自体への操作制限(有効期限、印刷/複製禁止)が簡単に設定できる!」



...しかし、従業員が情報漏えいに加担していると、上記対策だけでは防げません。
そんな時は先日ご紹介の「Final Code」。管理者から遠隔消去で、事後対策もバッチリです。

Office 365人気が過熱する中、今後はOffice 365の標準機能、純正オプション機能、
そしてサードパーティ製のアドオンソリューションの提案力が、差別化のポイントになってきそうですね!!

日々進化していくOffice 365を追いかけるのは大変ですが、しっかり勉強して行きましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

Office 365 全般の最新記事

Office 365 全般
Office 365 全般
Office 365 全般
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!