Office 365 全般

無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは

  • 2020年03月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。日頃「法人企業向けの」Office 365の魅力をこのブログを通してご紹介している私。最近ではGoogleなどの検索からもいらして記事をお読みいただいているようで嬉しい限りなのですが、webではこんな検索をされて訪ねてくる方も結構いる様子... 「無料で使えるOffice 365があるのでは?それとは何が違うのか。」と...。

Office 365相談センターでは無料で使えるOffice 365や、一般消費者向けOffice 365のご紹介はしておりませんし、お問い合わせも受け付けていないんですが...ふむふむ、やっぱり気になりますよね。無料で使えるOffice 365については、"Office 365伝道師五味ちゃん"の担当範囲外ではありますが...今回はその真相について、ご紹介してみようと思います。

さて、その無料で利用できるOffice 365ですが、2つの意味があるかと思います。

一つは誰でも利用できるOffice 365の1ヶ月トライアル、もう一つは一般消費者向けを想定して提供されている"Office Premium"に付加された1年間無料の利用権です。Office Premiumについては、今後提供が終了されるのでは、という噂もあるようですが、とにかくこのOffice Premiumに付与される1年間の無料利用権については誤解を招きやすいようですので、今回の記事ではこのOffice PremiumのOffice 365利用権について掘り下げてご紹介します。

※ただし、本記事の内容はOffice 365相談センターにお問合せをいただくことはできません。Office 365相談センターでは法人用のOffice 365導入前に発生するご質問以外は回答することはできませんので、予めご了承ください。

Office Premiumとは?

そもそも、Office Premiumとはどのようなサービスなのでしょうか。それを知るためにも、まずは他のOfficeシリーズとの違いをおさらいしてみましょう。

それぞれのサービスの特徴はこんな感じです。

今までの Office シリーズのおさらいとOffice Premium

Office 2019などの永続ライセンス

皆さんにとって最も馴染み深い(と思われる)いつものOfficeの最新バージョン。これまでOffice2010、Office 2013、Office2016...と大体3年間隔でこれまで定期的に最新版が発売されてきました。ダウングレード権はありますが、アップグレード権がないため、新しいバージョンを使うためには、都度買い直さなければなりません。

【Office 2019の特徴】

  • 買い切り型、同じPC上であれば永続的に使用可能(ただし、サポート期間は、メインストリームサポートと延長サポートあわせて計10年間。サポート終了後の機能アップデートはなし)
  • デスクトップ用アプリの最新版
  • ダウングレード権あり
  • アップグレード権なし
サブスクリプション型のOffice 365

Office 365は、これまでMicrosoftがサーバーやオンプレミス、パッケージ製品として販売してきた様々なサービスをクラウドから提供する法人向けのクラウドサービス。Word, Excel, PowerPointといったおなじみのOfficeの他にも、プランによってはメール・スケジュール、web会議、ビジネスチャット、クラウドストレージなどなど、様々なグループウェア機能を利用することが出来る便利なサービス。

【Office 365のOfficeの特徴】

  • サブスクリプションモデル(月額、年額で利用権を購入/契約する)
  • デスクトップPCにもモバイル端末にもOfficeアプリケーションをインストールして利用可能
  • ダウングレード権なし
  • アップグレード権があるので、常に最新版のOfficeを利用できる
  • 個人用クラウドストレージ「OneDrive for Business」が1ユーザーあたり1TB付与
ブラウザで動くOffice Online

無料で使えるOffice Onlineというのもありますね。こちらはブラウザで動くOfficeで、デスクトップアプリケーションと比較すると機能が制限されています。(例えば、Office Onlineだと、ピボットテーブルやマクロが動かないんですよね)

OfficeをPCにインストールしていなくても、PCとインターネットブラウザ、それに無料のMicrosoft アカウントがあれば利用ができます。 ※Office Onlineは、有償のOffice 365アカウントでももちろん利用できますよ。

  • 無償サービス
  • Word、Excel、Power Point、One Noteが利用可能
  • ブラウザベースで稼働
  • デスクトップアプリケーションに比べると機能制限あり
モバイル用のOffice Mobile

Office 365 をモバイル機器で利用するためのモバイルアプリケーションのことです。

PCを買うとついてくるプリインストール版のOffice Premium

PCを購入する際についてくるプリインストール版のOfficeです。単独パッケージとしての購入はできませんが、同じPC上であれば永続的に使用できます。

  • デスクトップ用アプリ
  • 無償バージョンアップ対応
  • Office 365の1年間利用権が付帯

Office Premiumを詳しくご紹介

sabusuku02.jpg

Office PremiumはPCのプリインストール用としてのみ販売されていますので、Office 365相談センターでは取り扱っていません。(そのため、お問合せいただくことも出来ませんのでご了承くださいね)販売方法に制限がありますが、パッケージ版OfficeとOffice 365の良いところを兼ね備えています。

1年過ぎてもデスクトップのOfficeアプリケーションは使えます

誤解されやすいのは、1年経過後はOffice自体が使えなくなるのでは?という点です。

1年経ってもデスクトップ版のOfficeは継続して利用できます。さらには、パッケージ版のOffice 2019とは異なり無償バージョンアップに対応しているため、常に最新版を利用できるという大きなメリットがあります。

Office 365利用権は?

Office 365はサブスクリプション型サービスの為、使用している期間に応じて月額もしくは年額での使用料を支払い、利用権を購入し使用します。Office Premiumにはこの利用権が1年分含まれているのも大きな特徴です。 通常であればパッケージ版には付帯しないOffice 365の利用権を付けているのは、Office 365に対するMicrosoft社の自信の表れなのでしょうね。実際に、一度Office 365を使いはじめると、もう手放せなくなる!という方も多いと思います。

2年目から使えなくなるのは、このOffice 365を利用するサービスです。

チーム作業に力を発揮するビジネス向けOffice 365

一番大きな違いは最大ユーザー数ですが、Businessは機能面でも組織での利用とその全体的な効率改善にフォーカスしているんです。特にBusiness Premiumには、グループでの活用で高い効果を発揮するTeams, SharePointやPlannerといったサービスが含まれています。

サブスクリプションの期限が過ぎたら・・・?

sabusuku03.jpg

1年間の利用期間が経過すると、Office Premiumに付帯するOffice 365は利用できなくなります。継続利用するにはOffice 365サービスの継続を申し込みましょう。

期限が過ぎると使えなくなるアプリとサービス

    • 使えなくなるアプリ

Publisher、Access

    • 使えなくなるサービス

1TBのオンラインストレージ、複数のデバイスに対応、Skypeで毎月60分間の通話無料、Officeテクニカルサポート、その他クラウドサービスを通じたアプリの機能。

Office Premiumに相性の良いOffice 365プラン

パッケージ版のOffice Premiumをビジネス用に使われている場合には、ぜひ法人向けのOffice 365プランへのアップグレードもご検討ください。最大ユーザー数により選択いただく事になりますが、チーム作業の効率を上げるクラウドベースのアプリやサービス部分を集めたプランとなっていますよ。

  • 300名以下の組織の場合

Business Essentials
540円/ユーザー・月(税抜)

  • 300名を超える場合

Enterprise E1
870円/ユーザー・月(税抜)

まとめ

kuraudo_uirusutaisaku_03.jpg

Office 365伝道師 五味ちゃんOffice Premiumは買い切り型であるにも関わらず、無償バージョンアップに対応しているという面でメリットのあるサービスとなっています。 しかしながら、業務用のPCはセキュリティや性能の陳腐化などの理由から定期的に更新しなければなりません。この様な場合は、PCの継続利用を前提としたOffice Premiumよりも、端末に依らず最新のサービスを受けられ、かつチーム作業の効率改善に役立てやすいビジネス向けのOffice 365の方が適しているケースも多いかと思います。

また、既にOffice Premiumを業務用に利用されている場合は、一年間利用権が切れる前にOffice 365 Business Essentials等との組み合わせてのご利用もご検討ください。付帯していたOffice Premiumよりも、より便利になったクラウドサービスを体験できますよ。

何度も繰り返すようで恐縮ですが、Office 365相談センターでは今回ご紹介してきたOffice Premiumについてはご質問を受け付けておりません。ご相談いただいても回答できませんので予めご了承ください。

ただし...!もしOffice 365 Premiumからビジネス向けOffice 365へのアップグレードをご検討されている場合は、ぜひOffice 365相談センターにご相談ください。Office 365の専任スタッフが、お客さまの企業規模にあったOffice 365のプランをご提案します!

では、また次回のブログでお会いしましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. 無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは