IT管理者向け
画像
  • ※ この記事は4分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。
在宅勤務やテレワークの課題として特に上げられるのが、やはりいろいろなセキュリティ問題ですよね。

このコロナの影響で在宅勤務を取り入れる企業が急増、Microsoft 365のTeamsの利用者も急増したわけですが...
Microsoft 365 相談センターや契約者向けの窓口にも、Teamsのセキュリティ関連のお問い合わせを、連日たくさんいただいています。

その中から今回は、【 Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法 】 についてご紹介します。
「Teamsを利用してみたいけど、外部との通信を管理者側で制御できないと不安」とお悩みのIT管理者の方はぜひご一読ください。

1. Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御するための機能2つ

【 よくあるお問い合わせ 】
『Microsoft Teams で組織外のユーザーとの通信を制御することはできますか?』

【 回答 】
はい、制御できます。
Microsoft Teams では、組織(テナント)外のユーザーとチャットや通話を行うための機能として "外部アクセス""ゲストアクセス" の 2 つの機能があります。
社外との通信を禁止する要件については、これらの機能利用して制限します。

「外部アクセス」と「ゲストアクセス」とは?

外部アクセス

外部ユーザーの Microsoft Teams クライアント、あるいは Skype for Business クライアントを利用して 1 対 1 のチャット、および音声 / ビデオ通話を利用する機能です。
また、これを使用して、Skype for Business (オンラインとオンプレミス) および Skype (プレビュー版) を使用している外部ユーザーと通信することもできます。
なお、規定の設定では「オン(有効)」になっています。

ゲストアクセス

外部ユーザーを"ゲスト"として招待しアクセス権を付与することで、外部ユーザーとTeams上で共同作業することができるようになります。
Office 365を利用されていない方でも、Microsoft アカウントをすでにお持ちの場合、あるいは Microsoft アカウントと紐付け可能なメールアドレスがあれば、チームの所有者の招待からチームに参加することが可能です。
なお、規定の設定では「オフ(無効)」になっています。
ちなみに、ゲストユーザーは下記の制限事項がありますので、あわせて確認いただくと良いでしょう。

おまけ:ゲストアクセスの場合のゲストユーザーの制限事項
  • [チャット] から、ファイルをアップロードすることはできません。
    ※ アップロードされたファイルに対し、編集やダウンロードは可能
  • 会議予約機能は利用できません
  • レコーディング機能は利用できません
  • PowerPoint共有機能を利用できません

外部アクセスとゲストアクセスの違いはいくつかありますが、なかでも大きな違いが、Teamsのリソースにアクセスできるか、です。Teamsのリソースにアクセスしたり、ファイルを共有したり、といった機能はゲストアクセスにしか付与されていません。
チームのリソースへのアクセスが不要で、パパっと会議だけ行いたいといった場合には「外部アクセス」、ゲストとしてチームに参加してもらって共同作業が必要な場合には「ゲストアクセス」が適しています。

 

2. 制御の方法:「外部アクセス」の場合

「外部アクセス」では、あらかじめ当該ユーザーをチームに招待する必要はありません。
また、Microsoft Teams & Skype for Business 管理センターより、相手のドメイン単位で "外部アクセス" を許可、あるいは禁止することができます。

Microsoft Teams の外部アクセスをオフにする設定手順

  1. 管理者権限のあるアカウントで Microsoft 365 管理センター (https://admin.microsoft.com) にサインイン
  2. 左カラムのメニューより [管理センター] - [Teams] をクリック
  3. Microsoft Teams 管理センターの左カラムのメニューより [組織全体の設定] - [外部アクセス] をクリック
  4. [ユーザーは Skype for Business と Teams ユーザーと通信できます] の設定を [オフ] にする

 

3. 制御の方法:「ゲストアクセス」の場合

Microsoft Teams のゲストアクセスをオフにする設定手順

  1. 管理者権限のあるアカウントで Microsoft 365 管理センター (https://admin.microsoft.com) にサインイン
  2. 左カラムのメニューより [管理センター] - [Teams] をクリック
  3. Microsoft Teams 管理センターの左カラムのメニューより [組織全体の設定] - [ゲストアクセス] をクリック
  4. [Teams へのゲスト アクセスを許可する] の設定を [オフ] にする

 

4. まとめ

いかがでしたか?
今回は、Teams導入の際に外部との通信制御について懸念を感じられているIT管理者の方向けに、【 Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法 】 についてご紹介してみました。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御するには「外部アクセス」か「ゲストアクセス」の機能を利用する
  • 外部アクセス:ぱぱっと会議だけやりたい場合に使う方法
  • ゲストアクセス:チームのリソースにゲストユーザーとしてアクセスさせたい場合に使う方法
  • 外部アクセス、ゲストアクセスはどちらも管理画面「Microsoft 365管理センター」にて、管理者がオン/オフを設定できる
    ※なお、外部アクセスは規定でオン、ゲストアクセスは規定ではオフになっています

この他、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

 

Teamsのセキュリティについて相談してみる

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする