IT管理者向け
画像
  • ★ この記事は5分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。春に向けてOffice 365・Microsoft 365の新規契約のお申込みが増えてくる時期ですが、これに伴い、「このドメイン使えますか?」というお問い合わせを非常に多くいただいております。

そこで今回の記事では、Office 365・Microsoft 365の新規契約時、希望するドメイン(onmicrosoft.com)が使えるかどうかの確認方法をご紹介します。また、そもそもドメインとはなにか?、Office 365・Microsoft 365におけるドメインやテナントについての基礎知識もご紹介しますので、「テナントやらドメインやら、何を言われているのか分からない!」というIT部門のご担当者の方などはぜひチェックしてみてください。

ちなみに、Office 365・Microsoft 365のお申込みの際には、事前にドメインが使われているかいないか、予めお客さま側でチェックを行っていただけると、ライセンス発行・納品までの期日短縮にもなりますので、ぜひご協力くださいね。

M365ブログ用M365紹介資料DL促進バナー.png

1.そもそも、ドメインとは?

ドメインについてよく分からない、という方はこの項目からお読みください。単純にドメインが使えるかどうかの調べ方を知りたい場合は、次の項目からお読みください。

(1) ドメインとは

ドメインとは、メール アドレスの @ 記号の後や、Web アドレスの www. の後に表示される固有の名前です。例えばこのMicrosoft 365 相談センターであれば、問い合わせのメールアドレスは、microsoft365@licensecounter.jp、ウェブサイトのアドレスは https://licensecounter.jp/microsoft365/ です。
この時(メールも、ウェブサイトも)、licensecounter.jp というのがドメイン名です。

※独自ドメインについて

上記の例で言えば、licensecounter.jpというドメインは「独自ドメイン」と呼ばれるものです。独自ドメインとは、世界に1つしかない固有のドメインのことです。

独自ドメインについては、gmailアドレスなどを思い出していただければ分かりやすいかもしれません。
個人でGmailを保有されている方も多いかと思いますが、個人で所有している google アカウントに付与されるアドレスは ***@gmail.com というようなアドレスになりますよね。この場合、メールのドメインは gmail.com で、他のGoogle アカウントを保有されている方と同じドメインです。これを自社だけの固有のドメインに変えたいという場合には、「お名前.com」や「さくらのドメイン」などのサービスで、独自ドメインの取得が必要になります。

(2) Office 365・Microsoft 365における「初期ドメイン」とは

Office 365・Microsoft 365の新規契約時には、お客さまが独自ドメインを保有しているか否かにかかわらず、Microsoftから「@***.onmicrosoft.com」という、Microsoftがお客さまのテナントを識別するために必要な初期ドメイン(onmicrosoft.com のサブドメイン)が発行されます。英語では Primary Domain(プライマリドメイン)と呼称されます。

実は、Office 365・Microsoft 365では、メールアドレスやTeams のアカウントには独自ドメインをご登録いただけますが、Microsoft 365のポータルサイトやSharePoint Onlineのサイトのドメインとしてはこの「@***.onmicrosoft.com」という初期ドメインが使用されます。

そのため、Office 365・Microsoft 365の新規契約のお申込みの際には、必ずonmicrosoft.com のサブドメイン部分の「***」にあたる部分の文字列の希望を提出いただきます。

このサブドメイン部分は、Office 365・Microsoft 365のテナント固有の情報であり、他のOffice 365・Microsoft 365テナントで同一の「@***.onmicrosoft.com」は、利用できません。つまり、独自ドメインと同じように、その会社(のテナント)固有のサブドメインを作る必要があります。

※テナントとは

ここで、「テナント」についてもよく質問をいただくので、簡単にご説明しておきましょう。

「テナント」とは、お客さまが Office 365・Microsoft 365のお申し込み手続きをされたときに、クラウド上に作成される組織アカウントのことです。

大まかにイメージを理解するには、オフィスビルや百貨店・デパート等におけるテナントを想像してみると良いでしょう。Microsoft が建てた Office 365・Microsoft 365 というオフィスビルが建っていて、Office 365・Microsoft 365のユーザーは、そのビルの一角にテナントを借りて自社のオフィスを開設している、というイメージです。

このOffice 365・Microsoft 365の「テナント」は、以下の例にあげるような属性情報を含んでいます。

  • 組織名、***.onmicrosoft.com という初期ドメイン名 (onmicrosoft.com ドメイン)
  • ライセンス サブスクリプション
  • ドメイン リスト
  • ユーザー リスト
  • セキュリティ グループ
  • 役割 ... など

 

M365ブログ用M365紹介資料DL促進バナー.png

2.新規契約時、希望するドメイン(onmicrosoft.com)が使えるかどうかの確認方法

お客さま自身で希望するドメイン(onmicrosoft.com)が使えるかどうか確認する方法は、以下の2つの方法があります。

(1)Office 365・Microsoft 365の無料試用版のお申込画面を使う

無料試用版のお申込み画面を使って、その時点で希望するサブドメインが利用可能かを確認することができます。サインインの詳細まで進むと、ユーザー名とドメイン名を入力できます。ここで、使いたいユーザー名とドメイン名を入力してみてください。

「申し訳ございません。***.onmicrosoft.com は使用できません。別のドメインを選択してください。」というエラーメッセージが表示された場合は、そのドメインはすでに別の企業が取得されているドメインとなりますので、別のドメインの文字列を入力して、使えるものを確認しましょう。

無料試用版 お申込画面はこちら

  • ※ 最後まで進まなければ、無料版のお申込みが完了することはないのでご安心ください。

(2)Office 365・Microsoft 365のログインページを使う

Office365・Microsoft 365のログインページにアクセスし、@以前をランダムな文字列(例:abc など。できるだけメールアドレスとして利用されなさそうな文字列が良いでしょう)、@以降に取得したいドメインを入力し、表示されるメッセージを確認する方法です。

正式な判定方法ではありません(また、今後の仕様変更などで使えなくなる可能性もあります)が、(1) の方法よりも簡単に判断に使える方法ではあるので、活用してみてください。

?このユーザー名は間違っている可能性があります。正しく入力したことをご確認ください。入力に問題がない場合は、管理者にお問い合わせください。

このエラーメッセージが表示された場合は、すでに別の企業が取得されているドメインです。別の文字列を入力して、使えるドメインを確認しましょう。

?そのユーザー名のアカウントが見つかりませんでした。別のユーザー名を入力するか、新しい Microsoft アカウントを取得してください。

このエラーメッセージが表示された場合は、そのドメインは利用されておらず、利用可能です。

Office 365・Microsoft 365のログインページはこちら

(3)ドメイン指定時の注意点

Office 365・Microsoft 365のドメインは下記の条件がありますので、ご注意ください。

  1. 5文字以上23文字以下(半角英数小文字)で指定
  2. 「-(ハイフン)」、「_(アンダーバー)」、「.(ドット)」は使用できません
  3. アルファベットの大文字・小文字の区別はされません
  4. すでに同じ文字列で登録がある場合は、ご利用いただけません

 

まとめ

いかがでしたか?Office 365・Microsoft 365の新規契約のお申し込み時は、初期ドメインの設定が必要なので、ご紹介した方法で予め「この文字列ならいけそう!」というドメインの文字列をお客さま側でチェックいただいた上で申請いただくと、申請書不備等で差し戻しが少なくなり、納品までスムーズに行えます。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • ドメインとは、メール アドレスの @ 記号の後や、Web アドレスの www. の後に表示される固有の名前
  • Office 365・Microsoft 365における「初期ドメイン」とは、Microsoftから発行される「@***.onmicrosoft.com」というドメインのこと。Microsoftがお客さまのテナントを識別するために必要なドメイン
  • お客さま自身で希望するドメイン(onmicrosoft.com)が使えるかどうか確認する方法は、以下の2つ
    ①Office 365・Microsoft 365の無料試用版のお申込画面を使う
    ②Office 365・Microsoft 365のログインページを使う

 

この他、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

M365ブログ用問い合わせ促進バナー.png

IT管理者向けに関する記事

Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
Microsoft 365 Apps for businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
AutoPilotとは?利用のメリットや従来の「イメージ展開」との違い、必要なライセンス・システム要件を解説!
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
Microsoft 365・Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
万が一に備え、絶対にやっておくべきMicrosoft 365ログ管理の強化とは?
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする