IT管理者向け
画像
  • ★ この記事は5分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。Microsoft 365(Office 365)の製品って、すぐ名前が変わってしまってキャッチアップするのがとても大変なのですが、皆さんはいかがですか?

今回の記事では、つい最近「また」名前が変わったセキュリティのツールの一つ 【 Microsoft Defender for Cloud Apps 】 についてご紹介します。名前がコロコロとよく変わってしまうのは悩ましいですが、テレワークや在宅勤務の導入に伴うクラウドサービスの利用拡大で、以前にも増してセキュリティ対策をきちんと行う必要に迫られている中で心強い味方となってくれます。情シスのあなたの心配事、Microsoft Defender for Cloud Apps で減らすことが出来るかもしれません!

M365ブログ用不正アクセス対策資料DL促進バナー.png

1.Microsoft Defender for Cloud Apps とは?

(1)Microsoft Defender for Cloud Apps

Microsoft Defender for Cloud Apps とは、Microsoft 365(Office 365)のセキュリティを強化できるオプションプランのことです。このサービスは、不審なアクセスや操作への対策として効果を発揮します。

(2)Microsoft Defender for Cloud Apps、その名称の変遷

今までMicrosoft 365(Office 365)含め、Microsoftのプロダクトに触れてきた方でも、Microsoft Defender for Cloud Appsと言われると、「なんか前は違う名前だったような...」とか「なんか似たような名前のやつが他になかったけ?」と思われる方も多いのではないでしょうか。「新製品なのかな?」と思いきや、実はこのMicrosoft Defender for Cloud Apps、新機能ではありません。

名称変更や機能統合を経て強化されるなど、紆余曲折を経て、現在(2022年1月時点)はMicrosoft Defender for Cloud Appsという名称となりました。元々、Office 365にASMというプロダクトがあり、EMS(Enterprise Mobility Suite)に元祖Cloud App Security(CAS)が登場。その後、ASMはOffice 365 CASと名称を変え、更にEMS側のCASと機能統合され、MCAS として提供されます。その後さらにアプリ ガバナンスの機能も追加されるなどして、現在のMicrosoft Defender for Cloud Appsとなりました。

<初代> Adcanced Security Management (ASM)
<2代目> Office 365 Cloud App Security (Office 365 CAS)
<3代目> Microsoft Cloud App Security (MCAS)
<4代目> Microsoft Defender for Cloud Apps ←イマココ

(3) Microsoft Defender for Cloud Apps で出来ること

Microsoft Defender for Cloud Apps を使うと、こんな事ができますよ。これがあれば、手放しで管理(自動で監視)も夢ではありません!

  • ユーザーの操作/監査ログを180日(標準機能では90日)保持
  • 高度な動作分析と機械学習を使って、異常なMicrosoft 365(Office 365)使用と不審な操作/アクセスを自動検出
  • 異常なMicrosoft 365(Office 365)の使用、不審な操作/アクセスを判定するポリシー(ルール)を設定
  • ダッシュボードでMicrosoft 365(Office 365)上の脅威状況と異常検出状況を確認、簡単にトリアージ(対応優先度の選別)

 

2.楽して管理したい...!そんなあなたにこそオススメ

「アカウント乗っ取り等による不審なアクセスや不正操作から会社を守りたいけど、人的リソースも足りないので楽して(出来れば手放しで)どうにかしたい!」という企業にオススメです。

分かります、みんな忙しいですもんね。24h365dで社内システム監視出来るほど暇じゃないですし、ますます巧妙化する脅威への対応なんて、到底一人では無理というもの...。

そう、そんな時このMicrosoft Defender for Cloud Apps が、あなたの代わりに会社を守る腹心の友になってくれる、というわけです!

管理の負担が減ることで、情シスさんが本来取り組むべき業務に集中できたり、残業や深夜勤務など見えないコストの削減にも繋がるはずです。

アカウント乗っ取りの方法と言えば、パスワードリスト攻撃やフィッシングサイトによる乗っ取りが大きな手口ですね。複数のサービスでアカウント情報(ID/パスワード)を使いまわしていたり、近年より巧妙化してきているフィッシングメール及びサイトに引っかかり、自分から情報を渡してしまったり。

以前、ダークウェブでのアカウント販売が大きくニュースで取り上げられていたのを覚えてますでしょうか?もちろん、それとMicrosoft 365(Office 365)自体は関係ないのですが、16のウェブサイトから合計約6億2000万件のアカウントデータが流出し、販売されていたそうです。

もし、流出元のサイトと同じID/Passを、Microsoft 365(Office 365)でも利用していたら...?

考えるだけでゾワッとする話ですよね。しかし、数多のクラウドサービスを駆使しながら業務を行うユーザーの視点からすれば、超複雑な(例えば、大文字小文字の英数字、記号を必ず含んで16桁、とか...)パスワードをサービスごとに設定するなんてナンセンスなんですよね。最近はブラウザに記録できるようになりましたが、いずれにせよそもそものパスワードを覚えていないと、ログインが切れてキャッシュなどもクリアしてしまった場面などでは、ユーザーとしては大変不便と感じることも多くあるでしょう。だからこそ、管理側からも守ってあげたいですよね。

M365ブログ用不正アクセス対策資料DL促進バナー.png

3.Microsoft Defender for Cloud Apps の価格

Microsoft Defender for Cloud Apps、気になってきましたか?
ではここで、Microsoft Defender for Cloud Apps の価格を発表します!

月額380円/ユーザー(税抜)

スターバックスのアメリカンコーヒー Tallサイズ1杯分くらいのお値段ですね!
...と分かるような、分からないような価格の喩えはさておき、「Defender for Cloud Appsが欲しい!」という方はぜひ、Microsoft 365相談センターにお問い合わせくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?Microsoft 365(Office 365)をより安全・安心に、そして情シスさんをもっと楽に!新型コロナウイルスの終息がまだ見えない中、今後はより一層いつでも・どこでも快適に仕事が出来る環境作りが求められます。セキュリティレベルやコンプライアンスについて今一度振り返っていただくとともに、ぜひDefender for Cloud Appsの導入もご検討ください。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

MCAS(Microsoft Cloud App Security) とは...

  • 不審なアクセスや操作への対策として効果を発揮するMicrosoft 365(Office 365)のオプションプラン
  • アカウント乗っ取り等による不審なアクセスや不正操作から会社を守りたいけど、人的リソースも足りないので楽して(出来れば手放しで)どうにかしたい!という企業にオススメ
  • ユーザーの操作ログの保持、不審な操作/アクセスを自動検出、ダッシュボードで脅威状況と以上検出状況を確認し対応優先度の選別などができて、セキュリティ強化対応ばかりにリソースを割いていられない忙しい情シスさんのお助けマンに!

この他、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

M365ブログ用問い合わせ促進バナー.png

IT管理者向けに関する記事

OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
AutoPilotとは?利用のメリットや従来の「イメージ展開」との違い、必要なライセンス・システム要件を解説!
Microsoft 365 Apps for businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
Microsoft 365・Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
万が一に備え、絶対にやっておくべきMicrosoft 365ログ管理の強化とは?
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする