IT管理者向け
画像
  • ★ この記事は5分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。インターネットのデータ通信量が、新型コロナウイルス流行前(2年前)と比較して2倍になったというニュースを見かけました。動画配信サービスの利用者が急増したこと、感染防止のためにテレワークを導入された企業が増えたこと、学習端末を1人1台配備するGIGAスクール構想によって学校での通信量も増えたことなどが主な要因として考えられます。

そんなインターネットのデータ通信量の急増に一役買ったテレワークですが、テレワークとなるとやはり、メールやチャットなどのインターネット経由でのコミュニケーションは必然的に多くなりますよね。特に最近はようやくチャットも浸透しはじめていますが、ビジネスにおいて「メール」というのは今も非常に重要なコミュニケーション手段です。私はTeamsを活用しているということもあって、実はメールのやり取りはコロナ前と比べると格段に少なくなったのですが、このコロナの影響でメールのやり取りが爆発的に増えた、なんて方もいらしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、Office 365・Microsoft 365のメール機能である、Exchange Online(とOutlook)の【 メールボックスの容量や、容量を超えた場合どうなるか、そして、容量を超えたときの対策 】 についてご紹介します。

〈本記事ではこんなことが学べます!〉

  • Exchange Online と Outlook の違い
  • Office 365・Microsoft 365のメールボックスの容量
  • メールボックスがいっぱいになってしまうとどうなるか?
  • メールボックスの拡張

五味ちゃんがMicrosoft 365を徹底解説します!資料ダウンロードはこちら!

1. Microsoft 365のメール機能 Exchange OnlineとOutlookのイロハ

Office 365・Microsoft 365のメール機能というと、Exchange Online と Outlook という2つのワードが頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。実際、そのとおりなのですが、これらの違いを理解していますか?まず話を始める前に、その2つの違いからご説明しましょう。

(1) Exchange Online と Outlook の違い

Exchange Online と Outlook の違いは...

  • Exchange Online = メールを送受信するためのサーバーのクラウドサービス
  • Outlook = サーバーにあるメールを読み込むためのメールクライアント/アプリケーション

メールクライアントとは「サーバーを経由して」メールの送受信や管理を行うツールのことで、メールソフトやメーラーとも表現されます。「メールクライアント」であるOutlook だけでは、メールの送受信は出来ないことがポイントです。

Word, Excel, PowerPointなどのOfficeアプリケーションのみのプランであるMicrosoft 365 Appsには、Outlookも含まれていますが、これは「クライアント」だけですので、Outlookだけがあったところで、別途メールサーバーがなければ、メールの送受信はできません。

(2) Exchange Online のメールボックスの容量

さて、「メールサーバー」であるExchange Onlineですが、契約プランによってメールデータの保存容量が変わります。
下図ではExchange Online Plan1, Plan2 と記載していますが、Microsoft 365のパッケージプランには、Exchange Online Plan1が含まれているプラン、Plan2が含まれているプランがあります。プランの違いについての詳細は、ぜひ下記のプラン比較表をダウンロードして確認してみてください。

プラン比較表を無料でダウンロードする

Exchange Online のメールデータの保存容量
プラン名 プライマリメールボックス インプレースアーカイブメールボックス
ExO※1 Plan1 50GB/ユーザー 50GB/ユーザー
ExO Plan2 100GB 実質容量無制限
ExO Plan1とEOA※2
の組み合わせ
50GB/ユーザー 実質容量無制限
  1. ※1 ExO:Exchange Online の略記
  2. ※2 EOA:Exchange Online Archiving の略記。Exchange Online Archiving とは、Exchange Online Plan1、Exchange Online Kioskを含むプランの専用オプションプランのことで、インプレースアーカイブメールボックスの容量を拡張します。

このように、Exchange Online Plan1は初期状態でメールボックス容量50GB(/ユーザーあたり)を利用できます。Plan2では100GB(/ユーザーあたり)利用できます。
さらにインプレースアーカイブメールボックスと呼ばれる追加のメールボックスを有効化でき、Plan1では50GBが提供されます。Plan2では、アーカイブメールボックスの容量無制限化機能が標準で搭載されています。

2. メールボックスの容量がいっぱいになってしまったら、どうなる!?どうする!?

(1) メールボックスがいっぱいになってしまうと...

テレワーク下ではメールが大量にやりとりされますよね。1ユーザーあたり50GBのメールボックスが用意されていても、使い切ってしまうという従業員が出てくることも容易に想像できます。

Exchange Onlineでは、ユーザーのメールボックスがいっぱいになると、メールの送受信ができなくなります!

なお、ユーザーのメールボックスが上限に近づくか、またはいっぱいになったときに、ユーザーに対して3種類の通知が行われます。※管理者へ通知する機能はありません。

  1. 警告
    ユーザーは、メールボックスが最大サイズの制限値に近づいていることを示す警告を電子メールで受信します。この警告は、ユーザーに不要なメールの削除を促すものです。
  2. 送信禁止
    ユーザーは、メールボックスのサイズが制限値に達したときに、送信禁止の通知を電子メールで受信します。ユーザーは、十分な電子メールが削除され、メールボックスのサイズが制限値を下回るまで、新しいメッセージを送信できません。
  3. 送受信禁止
    Exchange Online は、メールボックスのサイズが制限値に達すると、メールの受信を拒否し、送信者に配信不能レポート (NDR) を送信します。送信者には後でメールを再送信するオプションがあります。ユーザーがメッセージを再度受信するには、メールボックスがサイズ制限値を下回るまで、電子メールを削除する必要があります。

(2) メールボックスがいっぱいになってしまった場合の対応

もしメールボックスを使い切ってしまいメールの送受信ができなくなった場合は、管理者側でユーザーアカウントのインプレースアーカイブ(メールボックス)を有効にします。先述の通り、Exchange Online Plan1であれば50B(/ユーザー)のアーカイブメールボックスをご利用いただけます。※インプレースアーカイブメールボックスは、ユーザーのメールボックスとは別で用意されます

不要なメールデータや古いメールデータはアーカイブメールボックスに移動して、メールボックス容量を空けてください。更に、この50GBのアーカイブメールボックスも使い切ってしまった場合は、オプションプラン「Exchange Online Archiving」を追加契約いただくことでアーカイブメールボックスの容量を50GBから無制限に拡張できます。

また、Exchange Online Plan1を含むプランを契約している場合は50GBのメールボックスと50GBのアーカイブメールボックスを利用できますが、Exchange Online Plan2を含むプランに切り替えることで100GBのメールボックスと無制限のアーカイブメールボックスを利用できます。

  • ※ 上記対応ができない場合は、ユーザーのメールボックス上のデータを削除し、メールボックスの容量を空けることでメールの送受信ができるようになります。

Microsoft 365の法人での導入でお悩みならSB C&SのMicrosoft 365 相談センターにお問い合わせください!

3. 時代はメール文化からチャット文化へ... Teamsの活用も視野に入れよう

この記事をお読みの方は、メールボックスの拡張についてお悩みの方が多いかと思います。Microsoft 365のメール機能であるExchange Onlineは、メールボックスの容量の拡張も出来ますし、インプレースアーカイブメールボックスの実質無制限化も出来ますが、ビジネスチャットやファイル共有・共同編集のプラットフォームとして、Teamsの活用もぜひ視野に入れてみてください。

新型コロナウイルスの流行によってテレワーク・在宅勤務という働き方が爆発的に拡大しました。それによってMicrosoft 365のTeamsの利用も急拡大しています。2020年10月27日のマイクロソフトの発表によれば、2020年9月時点でのTeamsのデイリーアクティブユーザー数(DAU)は、新型コロナウイルスの流行前の2019年11月と比べて約6倍になったそうです。(全世界の統計で、日本リージョンだけのデータではありませんが...)

Teamsは「web会議ツールでしょ」と捉えられることも多いのですが、それだけではありません。web会議の他にも、ビジネスチャット、ファイルの共有と共同編集、タスク管理など様々な機能が搭載されています。

サイズの大きい添付ファイルのやり取りが多く、メールボックスがすぐいっぱいになってしまうとお悩みの方も、Teamsでファイル共有をしながら、適宜ビジネスチャットでコミュニケーションを取っていくことで、メールでのやり取りは確実に減りますよ。

Teamsについて知るなら五味ちゃんにお任せ!徹底解説資料のダウンロードはこちら

まとめ

いかがでしたか?今回は、Office 365・Microsoft 365のメール機能である、Exchange Online(とOutlook)の【 メールボックスの容量や、容量を超え場合どうなるか、そして、容量を超えたときの対策 】 について解説しました。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • Exchange Online の容量はプランによって異なる
    →Exchange Online Plan1 :50GB+アーカイブメールボックス50GB
    →Exchange Online Plan2 :100GB+アーカイブメールボックス無制限
    →Exchange Online Plan1+Exchange Online Archiving:50GB+アーカイブメールボックス無制限
  • メールボックスがいっぱいになってしまうと、メールの送受信ができなくなる
  • メールボックスがいっぱいになってしまった場合...
    管理者側でユーザーアカウントのインプレースアーカイブ(メールボックス)を有効にして、不要なメールデータや古いメールデータはアーカイブメールボックスに移動する
    →50GBのアーカイブメールボックスも使い切ってしまった場合は、オプションプラン「Exchange Online Archiving」を追加契約
    →更に、Exchange Online Plan2を含むプランに切り替えれば、100GBのメールボックスと無制限のアーカイブメールボックスを利用可能
  • メールボックスがすぐにいっぱいになってしまうとお悩みの場合は、Teamsの活用も視野に入れる

この他、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

Microsoft 365の法人での導入でお悩みならSB C&SのMicrosoft 365 相談センターにお問い合わせください!

IT管理者向けに関する記事

裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
AutoPilotとは?利用のメリットや従来の「イメージ展開」との違い、必要なライセンス・システム要件を解説!
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Microsoft 365・Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
Microsoft 365 Apps for businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
万が一に備え、絶対にやっておくべきMicrosoft 365ログ管理の強化とは?

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする