IT管理者向け
画像

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
新型コロナウィルス関連の話題は...もう充分ですかね?ニュースを見ていると、苦しい状況の中でも各社が様々な工夫をして、事業の継続やサービス品質の維持に努められているようです。引き続き、終息まで前向きに取り組んでいきたいですね。

ところで今回の騒動をきっかけに、俄然注目度が上がっているのが、最近のブログでも頻繁にご紹介しているTeamsです。連日、Teams関連のお問い合わせをたくさんいただいておりますよ。(今まであんなに「Teamsでテレワークや在宅勤務を!」といっても、何かと理由をつけて受け入れられづらい状況だったのに、嬉しいやら悲しいやら。。)
ですが、実はTeams単品のプランが存在しないことや、Teamsを使えないと言われているプランでもTeamsのデスクトップアプリケーションがインストールできてしまうことで、混乱を招いてしまうことも結構あるんです。

そこで今回は、Office 365 Businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相について、ズバッとお答えしちゃいます。企業で導入を検討されるIT担当者の方や、Teamsを販売する販売店の担当者の方はぜひチェックしてみてくださいね。

Office 365 Businessの契約だけでTeamsって使えますか?その答えは...

気になる方が多いと思われるこの質問ですが、答えは「No」ただし、「試用版」が使えるという複雑なものになります...。
さてそれを詳しくご説明する前に、まずはTeamsのプランや価格といった基本的な情報から復習も兼ねてご紹介しましょう。

Teamsのプラン・価格

Teamsは、web会議・ビジネスチャット機能を中心に、プロジェクトやチーム間の情報共有やコミュニケーションを加速させ、業務効率向上に役に立つコラボレーションツールです。
そんなTeamsがこの在宅勤務やテレワーク需要の高まりで加速度的に注目を浴びていますが、冒頭にお話したようにTeamsそれ単品でプラン展開されていません。Teamsをご利用いただくには、下記のグループウェアつきパッケージプランをご契約頂く必要があります。

オススメのプラン

とりあえずTeamsを使いたいという企業にオススメなのが下記2つのプランです。

  • Office 365 Business Essentials:540円(税抜)/月・ユーザー ※300名以下でご利用の企業向け
  • Office 365 E1:870円(税抜)/月・ユーザー ※300名以上でご利用の企業向け

Officeアプリケーションも欲しいなら...

「Teamsもまぁ使いたいけれど、この際Officeアプリケーションつきのプランにして、Officeごと刷新したい」と言う企業にオススメなのは下記2つのOfficeアプリケーションつきのパッケージプランです。

  • Office 365 Business Premium:1,360円(税抜)/月・ユーザー
  • Office 365 E3:2,170円(税抜)/月・ユーザー

Teamsは利用できない?Office 単品プラン「Office 365 Business」

"Office 365 Business"というのは、Office 365の中でWord, Excel, PowerPointといったいわゆるOfficeアプリケーションのみ使うことができるプランです。
使えるのはOfficeのみですがこれもOffice 365のいちプランであることに加えて、OfficeアプリケーションとしてTeamsのクライアントアプリケーションも含まれるため、Office 365相談センターには「Office 365 Businessの契約だけでTeamsって使えますか?」というお問い合わせを非常に多くいただいています。
では、その質問に回答すべく、このOffice 365 Businessのプランで出来ることをまとめてみましょう。

Office 365 Businessで出来ること

  • Officeアプリケーションのインストールと利用
    ※含まれるアプリケーション:Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Access, Outlook(クライアントのみ),Teams(クライアントのみ)
    ※Outlook, Teamsはクライアントアプリケーション「のみ」インストール
  • OneDrive for Business(クラウドストレージ。1ユーザー1TB)の利用
  • Office Online(webブラウザで使えるOffice)
  • スマホ/タブレット用Officeアプリの商用利用
  • Teamsの「Exploratoryライセンス」(調査/検証用の特別な試用版)の利用

Office 365 Businessを契約しただけでは、Microsoft Teamsは利用できません

出来ることをまとめてみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?太字にしてあるところがポイントでした。
Teamsは「クライアントのみ」インストールが出来る「だけ」であること、そして何やら見慣れぬライセンスの利用権があること、ですね。
そしてこれ即ち、「No」(Office 365 Businessを契約しただけでは、Teamsは利用できません)ただし、「試用版」が使えるという、最初の方でした回答の真相なのです。

クライアントのみ、というのはどういうことでしょうか?
同じくクライアントのみインストール可能であるメールクライアント「Outlook」を例に考えてみるとわかりやすいかもしれません。

メールの送受信というのは、実はこのクライアントだけでは成り立ちません。メールの送受信そのものは「メールサーバー」の役割です。そして「メールクライアント」とは、そのメールサーバからメールをもらったり送ったり、受信したメールを管理したりといった機能を提供する(操作画面と言っても良いかもですね)ツールです。ですから、メールクライアントの利用には必ず、実際にメールを送受信するサーバー機能とのシンクが必要なのです。
ユーザー目線だとあまり意識されないのでよく混同されるポイントでもあるのですが、ちょっと思い出してみてください。Outlookを使おうと一番最初に立ち上げた時に、メールアドレスとその関連情報を入力しましたよね?あれは、メールクライアントとメールサーバーをシンクさせている作業だったわけです。

さて、これと似たようなイメージでTeamsにおいても、クライアントであるTeamsとその裏で動くTeamsのサーバー機能(実際のサービス部分)の両方がないと動かないというわけなのです。Office 365 Businessのプランではクライアントしか提供されません。しかし、「Exploratoryライセンス」という調査/検証用の特別な試用版ライセンスが付与されますので、調査・検証用としてご利用いただけます。

Teamsの「Exploratoryライセンス」

Microsoft Teams「Exploratoryライセンス」は、Microsoft Teamsを含まないOffice 365の各プランをご契約されているお客様だけが利用申し込みができる特別なMicrosoft Teams試用版のことです。

「この試用版...試用版っていうか、完全にTeamsのフル機能では...?」とつい言いたくなってしまうくらいきちんとTeamsがお試しいただけちゃいます。Teamsの利用をまさに今検討中の企業さんにとっては嬉しいですね。
そのMicrosoft Teams「Exploratory」で利用できる機能や詳細情報は下記Microsoftのwebサイトに公開されていますので、あわせてご参照ください。

Microsoft | Docs『Microsoft Teams Exploratory ライセンスを管理する』

ちなみに、「Exploratory」の利用期間(期限)は2021年1月まで、となっております。それ以降は、Teamsを含むプランに移行する必要があります。
Teamsを試すなら今のチャンスを逃す訳にはいかないですね!

まとめ

いかがでしたか?Office 365 Businessの契約だけでTeamsは利用できない、けれど特例で試用版ライセンスが限定付与される、嬉しいニュースでした。

teams-plan.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • Teamsは単品のプランがないので、Teamsを利用したい場合はグループウェアのパッケージプランを契約する必要がある。
  • OfficeのみのプランであるOffice 365 BusinessではTeamsは「クライアントのみ」インストールできるが、本来実際に利用することはできない
  • ただし、2021年1月まで「Exploratoryライセンス」を利用して、調査/検証用としてお試しできる!

TeamsのExploratory ライセンス、、、今まさにテレワークを開始したいとお考えの企業の皆さんや、すでにOffice 365 BusinessやProPlusといったTeamsがついていないプランをご契約中のユーザーの皆さんにもぜひお試しいただいて、Teamsの良さを実感していただきたいなと思います。

この他、法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

こうまるさんによる写真ACからの写真

IT管理者向けに関する記事

Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
IT管理者向け Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする