Office 365 全般

Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介

  • 2019年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介

Office 365伝道師 五味ちゃん
こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
Office 365のビジネス向けプランには「管理センター」という機能があります。主にユーザーアカウントの管理や、自社のポリシーに合わせてOfficeの機能制限やセキュリティ管理が行えます。

今回は、管理センターの機能や、使いこなすポイントとなる「管理者ロール」の概要についてご紹介します!

管理センターとは

管理センターは組織でOffice 365を利用する際の機能のため、Office 365 soloには含まれていません。管理センターでは、主にクラウド上での組織の設定、ユーザーアカウント、サブスクリプションの管理を行えます。

ユーザーアカウントの管理では、「管理者ロール」を割り当てることで、任意のユーザーに権限を委譲出来ます。管理者ロールには、全ての管理機能にアクセスできる「全体管理者」(グローバル管理者)をはじめとして、多くの種類が定義されているので、必要なユーザーに対してきめ細やかな設定が可能です。

管理者の種類と出来ること

kanrisenta02.jpg

管理者の種類は次のようなものがあります。主にシステム管理の責任者が担当するロールとなりますが、権限によっては関連する部門に割り当てるとスムーズな業務が可能になりますよ。

グローバル管理者

使用しているプランのサービスの Office 365スイート製品ですべての管理機能にアクセス可能です。 デフォルトの設定では、Office 365 を購入するためにサインアップするユーザーは、グローバル管理者の権限を有します。

ライセンス管理者

ユーザー、グループ (グループベースのライセンスを使用して) のライセンス割り当てを追加、削除、および更新し、ユーザーの使用場所を管理します。

ユーザー管理の管理者

パスワードの再設定、サービス状態の監視、ユーザー アカウントの追加と削除、サポート チケットの管理、Office 365 グループに対するメンバーの追加と削除といった権限を有します。

課金管理者

サブスクリプションの管理、購入を行います。
サービスに対する支払い、請求書の受信等も担当するので経理部門に割り当てるケースもあるでしょう。

サービス管理者

Microsoft とのサポートチケットを開き、サービスダッシュボードとメッセージセンターを表示します。

ヘルプデスク管理者(パスワード管理者)

パスワードの再設定、サポートチケットの管理、サービス状態の監視を行います。

アプリ個別の管理者

Skype for Business管理者、Teams管理者、SharePoint管理者、Exchange管理者など、アプリごとに管理者を設定できます。
各アプリの機能へのフルアクセス権限、サービスの正常性や要求の監視、グループの作成、管理などを行うことができるので、各アプリの管理担当者を定めてロールを割り当てることになるでしょう。

その他の管理者

他にも以下のような管理者ロールが規定されています。必要に応じて割り当てましょう。
カスタマーボックスアクセス承認者、Power BI管理者、レポート閲覧者、メッセージセンターリーダ、検索管理者、検索エディター、コンプライアンス管理者etc...

代理管理

Office 365の管理を自社でなく、Microsoftパートナーと共同もしくは委託している場合、パートナーに管理者ロールを割り当てることもできます。自社で管理者を雇用することが難しい場合でも安心です。

パートナーへは、次の役割を割り当てることができます。
・グローバル管理者と同等の権限を持つ完全管理
・ヘルプデスク/パスワード管理者と同等の権限を持つ、制限付き管理

主要な機能と設定方法

kanrisenta03.jpg

続いては、主要な管理者ロールの機能について簡単にご紹介しますね。

ユーザー管理

■ユーザーの追加
Microsoft 365管理センターで、「ユーザー」→「アクティブユーザー」→「ユーザーの追加」
ウィンドウの指示に従い、名前や所属など必要な情報を入力します。

■ユーザーの削除
Microsoft 365管理センターで、「ユーザー」→「アクティブユーザー」→ユーザーを選択し、「その他のオプション」→「ユーザーの削除」

パスワード管理

■自分のパスワードをリセット
ユーザーが自分でパスワードをリセットできるようにするには、管理者が設定を行う必要が有ります。詳細は次のページを参照して下さい。

■ユーザーのパスワードをリセット
管理センターで、「ユーザー」→「アクティブユーザー」→ユーザーを選択し、「パスワードのリセット」→指示に従い、パスワードを作成して「リセット」→電子メールアドレスを入力し、ユーザーに送信

管理者を割り当てる

各種の管理者ロールを割り当てるには下記ページを参考に操作を行ってください。

Microsoft Docs | 『管理センターで、「ユーザー」→「アクティブユーザー」→ユーザーを選択し[役割]の「編集」を選択する。』

まとめ

s_gomichan-3shiro.pngビジネス向けのOffice 365は組織内での運用が前提のアプリです。多数のユーザーが混乱なく活用するための管理機能をまとめたのが「管理センター」となっています。TeamsやOneDrive for Businessを通じた情報共有やグループワークが大きな効果を発揮するOffice 365では、権限の割り当てやポリシーの設定を適切に行うことでより効果的な運用が出来ますよ。

企業でOffice 365を導入される際には、管理機能を持ったビジネス向けプランをご利用下さいね。

もし導入に際してご不明な点や不安なことがあったら、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせくださいね。Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

では、また次回のブログでお会いしましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介