Office 365 全般

Office 365を止めるな!MCASで安心・安全、ラクラク管理

  • 2019年04月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Office 365を止めるな!MCASで安心・安全、ラクラク管理

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。
新元号、ついに発表されましたね。
万葉集を出典とする「令和」。なんだか素敵な時代を迎えられるような、美しい言葉ですよね。

Office 365の中では、元号を使うシーンはあまりないかと思いますが、例えばWordやExcelなどのOfficeアプリケーションで「令和」という新元号を使った表示や関数への対応、気になる方も多いのでは?
このあたりは、更新プログラムで順次対応予定のようですよ。

さて、今回のブログですが...
そんな「令和」という新時代を迎える前に検討しておきたい、Office 365のセキュリティ強化のお話です。
オプションプランである「Microsoft Cloud App Security (MCAS)」が、情シスのあなたの心配事、減らしちゃいますよ~!

MCASとは?

Microsoft Cloud App Security = MCAS

MCAS とは Microsoft Cloud App Security の略称で、Office 365のセキュリティを強化できるオプションプランのことです。
不審なアクセスや操作への対策として効果を発揮します。
本記事でも以下、MCAS と呼称しますね。

MCAS の変遷

今までOffice 365含め、Microsoftのプロダクトに触れてきた方でも、あまり耳慣れない(あるいはなんか前は違う名前だったような、と思われるかも?)MCASという名前。
「新製品なのかな?」と思いきや、実はこのMCAS、新機能ではありません。

名称変更や機能統合を経て強化されるなど、紆余曲折を経て MCAS となりました。
元々、Office 365にASMというプロダクトがあり、EMS(Enterprise Mobility Suite)に元祖Cloud App Security(CAS)が登場。
その後、ASMはOffice 365 CASと名称を変え、更にEMS側のCASと機能統合され、現在の MCAS として提供されています。(ややこしい...)

<初代> Adcanced Security Management (ASM)
<2代目> Office 365 Cloud App Security (Office 365 CAS)
<3代目> Microsoft Cloud App Security (MCAS) ←EMSのCASと統合!

MCASはこんな方にオススメ

楽して管理したい...!そんなあなたにこそオススメ

ずばり、MCASはアカウント乗っ取り等による不審なアクセスや不正操作から会社を守りたいけど、人的リソースも足りないので楽して(出来れば手放しで)どうにかしたい!という企業にオススメです。

s_gomichan-10.png分かりますよ~、みんな忙しいですもんね。
24h365dで社内システム監視出来るほど暇じゃないですし、ますます巧妙化する脅威への対応なんて、到底一人では無理というもの。
そんな時このMCASが、あなたの代わりに会社を守る腹心の友になってくれる、というわけです。

管理の負担が減ることで、情シスさんが本来取り組むべき業務に集中できたり、残業や深夜勤務など見えないコストの削減にも繋がります。

アカウント乗っ取りの方法と言えば、パスワードリスト攻撃やフィッシングサイトによる乗っ取りが大きな手口ですね。
複数のサービスでアカウント情報(ID/パスワード)を使いまわしていたり、近年より巧妙化してきているフィッシングメール及びサイトに引っかかり、自分から情報を渡してしまったり...。

2ヶ月ほど前に、ダークウェブでのアカウント販売が大きくニュースで取り上げられていたのを覚えてますか?その後、皆さんの身の回りでアカウント乗っ取りとか、使っているクラウド環境に対して不審なアクセスはないでしょうか。
もちろん、Office 365自体は関係ないのですが、16のウェブサイトから合計約6億2000万件のアカウントデータが流出し、販売されていたそうです。

もし、流出元のサイトと同じID/PassでOffice 365も設定していたら...?

考えるだけでゾワッとしますね~!

MCASで出来ること

「でも、実際に手放しで安心して任せられるの?」と気になるあなたに、MCASで出来ることをご紹介します。
MCASを使えば...

  • ユーザーの操作/監査ログを180日(標準機能では90日)保持
  • 高度な動作分析と機械学習を使って、異常なOffice 365使用と不審な操作/アクセスを自動検出
  • 異常なOffice 365使用、不審な操作/アクセスを判定するポリシー(ルール)を設定
  • ダッシュボードでOffice 365上の脅威状況と異常検出状況を確認、簡単にトリアージ(対応優先度の選別)

ができます。
MCAS があれば、手放しで管理(自動で監視)も夢じゃない、ということです。

MCASの価格

MCAS、気になってきましたか?
ではここでMCASの価格のご案内です。

Microsoft Cloud App Security 月額380円/ユーザー(税抜)

暑くなってきたら飲みたいスターバックスのコールドブリューコーヒー Tallサイズ1杯分くらいのお値段ですね。
...と分かるような、分からないような価格の喩えはさておき。
MCASが欲しい!という方はぜひ、Office 365相談センターにお問い合わせくださいね。

まとめ

mcas.png

MCAS(Microsoft Cloud App Security) とは...

  • 不審なアクセスや操作への対策として効果を発揮するOffice 365のオプションプラン
  • アカウント乗っ取り等による不審なアクセスや不正操作から会社を守りたいけど、人的リソースも足りないので楽して(出来れば手放しで)どうにかしたい!という企業にオススメ
  • ユーザーの操作ログの保持、不審な操作/アクセスを自動検出、ダッシュボードで脅威状況と以上検出状況を確認し対応優先度の選別などができて、セキュリティ強化対応ばかりにリソースを割いていられない忙しい情シスさんのお助けマンに!

s_gomichan-3shiro.pngいかがでしたでしょうか?
Office 365をより安全・安心に、そして情シスさんをもっと楽に!
令和時代を気持ちよく迎えるためにも、セキュリティレベルやコンプライアンスについて今一度振り返っていただくとともに、ぜひMCASの導入もご検討ください。

法人におけるOffice 365(及びそのオプションプラン)導入に際してご不明な点や質問がありましたら、ぜひOffice 365相談センターまでご相談ください。 Office 365に精通したスタッフが、皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. Office 365を止めるな!MCASで安心・安全、ラクラク管理