Microsoft 365コラム
画像
  • ★ この記事は6-7分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。日本ではビジネス用アプリケーションの定番とも言える Microsoft Officeですが、Microsoft 365(Office 365)はそれに加えて、メールやファイル共有、web会議など沢山のグループウェア機能を、クラウドサービスとして提供しています。

一方で、Microsoft 365(Office 365)に対抗するサービスとしても有名な、Googleが提供するGoogle Workspace(旧:G Suite)がありますね。Microsoft 365(Office 365)の競合サービスとしても一定の評価を受けているGoogle Workspaceですが、このテレワーク需要の高まりにより、これらを利用し始める企業が大変増えました。しかし両者とも機能拡張やユーザービリティの向上に合わせて価格改定やプランの見直しを度々行っておりますので、これから導入する方にとっては「結局どれがいいのか分からない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、 【 Microsoft 365(Office 365)とGoogle Workspaceの比較 】 をしてみようと思います。

グループウェア比較表ダウンロードはこちら

1. 機能面での比較

Microsoft 365(Office 365)とGoogle Workspaceは、提供されている機能がかなり似通っており、それぞれ複数のプランに分かれています。全てのプランをこの記事内で比較紹介するのは難しいので、今回は Microsoft 365 Business Basic, Office 365 E1 と Google Workspace Business Starter, Business Standard プランの4つを比べてみたいと思います。

ちなみに、当サイトのプランページをご確認いただければ分かる通り、Microsoft 365(Office 365)はGoogle Workspace と比較してもプランが非常に多岐に渡ります。その中でも今回この2つのプラン(Microsoft 365 Business Basic, Office 365 E1)を選んだ理由は、Google Workspace では提供されない「インストールして使うWord, Excel, PowerPointなどのいわゆる"Office"アプリケーション」が含まれていないプランのためです。

(1) 実は、含まれるアプリケーション(機能)はほぼ同じ!

「どんな違いがあるんだろう!?」とワクワクしながらこの記事を読み進めていただいていた方、申し訳ありません。
Microsoft 365(Office 365)とGoogle Workspace、実は含まれる機能はほぼ同じなのです...!

Microsoft 365(Office 365)とGoogle Workspace で使えるアプリケーションとその用途
機能・用途Microsoft 365(Office 365)Google Workspace
メール・スケジュール Exchange Online, Outlook G Mail, Google カレンダー
表計算※ Excel Online スプレッドシート(Sheets)
文書作成※ Word Online ドキュメント(Docs)
プレゼン資料作成※ Power Point Online スライド(Slides)
チャット・ビデオ会議 Teams Chat, Meet
ストレージ・ドキュメント共有 SharePoint Online,
OneDrive for Business
Google Drive
社内ポータル SharePoint Online サイト
ノート、メモ OneNote キープ
アンケートフォーム作成 Forms Forms
  • ※ ここで言う表計算、文書作成、プレゼン資料作成は、全てウェブブラウザ上で編集出来る機能のみを指します。

このように実際表にして比較してみると、Microsoft 365(Office 365) と Google Workspace では、提供されているアプリケーションやその利用用途はほとんど同じということがお分かりいただけるのではないでしょうか?

(2) Microsoft 365(Office 365)と Google Workspace、ここが違う!

機能や提供されているアプリケーションはほとんど同じように見えるMicrosoft 365(Office 365)と Google Workspaceですが、実はこんな違いがあります。

① ユーザーあたりに付与されるストレージの容量

1つ目の大きな違いは1ユーザーあたりに付与される容量の違いです。

【Microsoft 365(Office 365)の場合:以下の合計】
(1) メールボックスの容量:50GB/ユーザー、アーカイブ領域:50GB/ユーザー
(2) 個人用ファイルストレージ:1TB/ユーザー
(3) 共有ストレージ:1TB/テナント※ + (ユーザー数×10GB)

  • ※ テナントとは、ユーザーが Office 365を契約したときに、クラウド上に作成される組織アカウントのこと。通常、組織に1テナントというイメージです。

【Google Workspaceの場合】
・Business Starter プラン:30GB/ユーザー
・Business Standard プラン:2TB/ユーザー

Microsoft 365(Office 365)は、メールとファイルストレージそれぞれに容量が付与されますが、Google Workspace は Business Starter プランだとメールもファイルストレージも合わせて30GBです。Business Standard プランですと、2TBで提供されています。

② 中国での利用可否

この記事をご覧になっている読者の皆さんの中には、グローバルにビジネスを展開している企業の担当者さんもいらっしゃると思います。Microsoft 365(Office 365)も Google Workspace もグローバル対応していて、出張などで国外にいても、いつでも仕事の続きができて非常に便利...なのですが、中国ではGoogle Workspace が利用できません。
そのため、中国に子会社や関連会社があってグループウェアを一緒に使いたい、といった場合には、Microsoft 365(Office 365)のほうが適しています。

③ Microsoft 365(Office 365)には「Office」付きプランも...

この記事の冒頭にもちらっとお話しましたが、今回の記事で比較しているのは、Google Workspaceとほとんど同等のプランであるMicrosoft 365 Business BasicとOffice 365 E1です。しかし、Microsoft 365 Business Standard や Office 365 E3などのパッケージプランであれば、Excel、Word、PowerPointなどのOfficeのデスクトップアプリケーションも利用できます。

2. 料金比較

それでは、Microsoft 365(Office 365)と Google Workspace の費用についても比較してみましょう。

Microsoft 365(Office 365)と Google Workspace の料金比較
プラン名月額料金/ユーザー(税抜)
Microsoft 365 Business Basic 540円
Office 365 E1 870円
Google Workspace
Business Starter
680円
Google Workspace
Business Standard
1,360円

 

3. それぞれの強み

(1) Office ドキュメントの相性がバッチリ!なMicrosoft 365(Office 365)

今日では、マイクロソフトのOfficeは国内の企業でドキュメント作成に利用される最もメジャーなアプリケーションとなっていますよね。今までOfficeを利用してOfficeドキュメントを作成してきた日本の企業にとって、新しく導入するシステムで問題なくそれらを利用できること(互換性があること)は重要なポイントではないでしょうか。
Microsoft 365(Office 365)はマイクロソフトが提供するサービスなので、過去に作成したOfficeドキュメントも問題なく利用できるのが強みです。

今回比較したMicrosoft 365(Office 365)には、Officeだけではなく様々な機能、サービスが含まれていましたよね。例えば、OneDrive for BusinessやSharePoint Onlineにファイルを保存したり、webブラウザ上で編集したり、それを同僚や取引先に共有して同時編集することなんかもできるわけですが、ご紹介したとおり、Google WorkspaceでもGoogle Driveを利用してそうした作業は実施できます。

しかし、Google Workspace のベースとなっているのはGoogleが提供するOfficeアプリケーションである「ドキュメント」、「スプレッドシート」、「スライド」。そのため、Office ドキュメントを Google Workspace にアップロードして閲覧したり編集したりするときには、表示が崩れてしまったり、文字化けしてしまったり、といったことが発生してしまいます。マイクロソフトのOfficeドキュメントとの相性で、マイクロソフトのネイティブサービスであるMicrosoft 365(Office 365)に敵うサービスはないと言っても良いでしょう。

(2) フリーのGmailを使い慣れた若者世代にはノンストレス。シンプルな操作性が魅力のGoogle Workspace

検索サービスで一躍有名になったGoogleが提供するGoogle Workspaceは、一般消費者向けのサービスとしてまずリリースされています。この記事をご覧の読者の皆さまの中にも、プライベートではGmailやGoogle Driveなどのサービスを利用されている方も多いのではないでしょうか。特に、生まれたときからクラウドが身近にあったクラウドネイティブな若者世代にとっては、非常に慣れ親しんだサービスでもあります。Microsoft 365(Office 365)より後発のサービスであり、またGoogle自体が検索サービスからはじまった企業ということもあって、操作性やその機能自体も強みの「検索」機能を活かしたシンプルな設計となっています。

ブラウザベースのアプリの操作に慣れていない方は、操作や"考え方"(例えば、メールであればフォルダではなく"タグ"でメールを振り分けるとか)に慣れるまで、すこし時間がかかるかもしれません。しかし、20代~30代を中心に、プライベートでGoogleのサービスを昔から利用しているという方には、馴染み深いUIで使いやすいと支持されている傾向にあります。

ちなみに、以前のG Suiteでは一部プランでは「容量無制限」と謳われていたのですが、最近のプラン改定により「容量無制限」はなくなってしまったようです。Google 社が提供する Google Workspaceの一つの魅力でもあったポイントなので、そこだけは少し残念かもしれませんね。

 

まとめ

さて、似ているようで意外と違う Microsoft 365(Office 365)と Google Workspace の機能や価格を比較してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  1. 機能面の比較
    → Microsoft 365(Office 365)と、Google Workspace はほとんど同等の機能を利用できる
    → 大きな違いは、①容量、②中国での利用可否、③Office 365にはOfficeのデスクトップアプリケーション付きのプランもあること
  2. 料金比較(1ユーザーあたり月額、税抜)
    → Microsoft 365 Business Basic:540円
    → Office 365 E1:870円
    → Google Workspace Business Starter:680円
    → Google Workspace Business Standard:1,360円

その他にも、それぞれの強みとして、Office 365はマイクロソフトのネイティブアプリケーションであることから、Officeドキュメントとの相性が抜群であること、G Suiteは検索をベースとしたシンプルな操作性とプランによっては容量無制限というのが魅力的であることもご紹介しました。

ここではご説明しきれなかった仕様についてなど、法人でのMicrosoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

 

Microsoft 365(Office 365)の導入を相談する

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

注目の記事

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする