Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Office 365 全般

比べて簡単!Office 365 プラン選びの6つのポイント!

  • 2014年05月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
比べて簡単!Office 365 プラン選びの6つのポイント!

相談センターにはOffice 365の問い合わせをたくさんいただいておりますが、 やっぱりお客様からはプラン選びが難しいとの声も多くいただいてます。

今回はプラン選びのポイントを解説いたします!

[ポイント1:対象ユーザー数]

・対象としているユーザー規模が3つのプランでそれぞれ違います!

≪Plan P≫ 1-10ユーザー規模(上限は25ユーザー)

≪Plan M≫ 1-250ユーザー規模(上限は300ユーザー)

≪Plan E≫ 1-数万ユーザー規模(上限は特に無し)

[ポイント2:メールアーカイブ]

・メールの容量無制限化、さらに管理者からメールの送受信内容が管理/監査ができるのは次の2つのプランしかありません。

≪Plan M≫ Exchange Online Archivingをオプションで追加可能。

≪Plan E≫ Exchange Online Archivingをオプションで追加可能。もしくはPlan E3で標準機能提供。

[ポイント3:ファイル保存容量拡張上限]

・SharePoint Onlineのファイル保存容量の拡張できる上限サイズが3つのプランでそれぞれ違います!

≪Plan P≫ 1TB

≪Plan M≫ 20TB

≪Plan E≫ 上限なし

*月額料金17円/GBで容量の追加が可能です。 OneDrive for Businessが今後1TB提供になり、このユーザーに割り当てられている1TBを全社用のSharePoint Onlineに割り当て(分配)できませんか? という質問をいただきますが、個人用の領域を全社用に割り当て(分配)することはできません

[ポイント4:情報保護(IRM)]

・クラウドで一番気になる安全性の強化機能(メール/共有Office文書の暗号化、アクセス制限、ファイルのダウンロード、メールの転送禁止)はPlan Eのみの提供です。

≪Plan E≫ Windows Azure Rights Managementオプションにて提供。もしくはPlan E3で標準機能提供。

*Office 365導入するなら、このオプション鉄板です!!

[ポイント5:高度な機能]

・その他にもOffice 365にはPlan Eのみに高度な機能が提供されるものがあり、機能に迷ったら、全部入りのゴージャスなPlan Eをオススメします。

≪Plan E≫ 高度な機能の一例 ⇒Exchange Online:Exchange Serverのハイブリッド展開。IRMの利用(メール暗号化、転送禁止) ⇒SharePoint Online:電子情報開示/監査確認画面(eDiscovery)、Excel Services、Power BI/Pivotのサポート ⇒Lync Online:IM(チャット)の監査

[ポイント6:AD連携]

・社内にあるユーザー情報(Active Directory)との連携は、以下2つのプランで利用可能です。

≪Plan M≫ Directory SyncとADFSの利用が可能。

≪Plan E≫ Directory SyncとADFSの利用が可能。

等々、比較のポイントが盛りだくさんとなっていまーす! プラン選びにお困りの際には、Office 365相談センターへお問い合わせください!!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ