Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

製品仕様・機能変更

Office 365 Business系プランのウソ/ホント

  • 2014年12月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Office 365 Business系プランのウソ/ホント
今年も、御用納めまであと2週間となりましたね。
Office 365も値上げ前の年末商戦が始まっています。
そんな中、Office 365 Enterprise、Businessプランの違いに関するお問合せが多くなってきています。
驚愕の事実が、 続 々 と 判明しておりますので、本日は速報としてご紹介します。

【Office 365 Business かなり使える!と思われる3つのポイント】

Office 365 Businessプラン(Business/Essentials/Premium)で、
以下の3つの機能ができることが判明しました。

Office 365 Open単独ではできないことも多いのですが、
MOSPと呼ばれるMicrosoftさんのショッピングカート機能を使うと柔軟に対応できてしまいます。

●Office 365 Businessプランが使える3つのポイント


(1)Officeの選択インストール
 ⇒指定したアプリケーションのみをインストールが可能

(2)容量無制限アーカイブ
 ⇒MOSPからOpenライセンスに容量無制限アーカイブの追加可能

(3)RMS追加可能
 ⇒Office 365 Enterpriseプラン用機能と思われたRMSオプションが追加可能

また、以前紹介いたしました以下の点も修正となりますので、ご注意ください。


●Office 365(メール/ファイル共有/ビデオ会議)Enterpriseにしかない機能


【訂正】Businessプラン(Business Essentials/Premium)でも利用可能
・メールの容量無制限アーカイブ(EOA:Exchange Online Archiving)
 ⇒Office 365 Openライセンスだけでは追加できませんが、MOSPと呼ばれるMicrosoftさんから直接購入するショッピングカートから追加が可能
 ⇒但し、EOAはEOA追加可能なサブスクリプション(Exchange Online/Business Essentials/Premium等)をMOSPにて年額1本を最低追加契約していただく必要があります。

・Rights Management連携
 ⇒Office 365 Openライセンスで年額で購入が可能となっております。
 (変えることは分かったのですが、本当に機能が使えるのか確認中です。)


●Office 365 Enterprise(ProPlus)にしかない機能


以下の機能をご希望の場合は、Office 365 Enterprise(ProPlus)をお選びください。
【訂正】Businessプラン(Office 365 Business)でも利用可能
・Rights Management連携
⇒Office 365 Openライセンスで年額で購入が可能となっております。
(変えることは分かったのですが、本当に機能が使えるのか確認中です。)

【新規追加】
・Officeアプリケーション(Word/Excel/PowerPoint等)の選択インストール(カスタマイズ)
⇒Officeアプリケーションの展開カスタマイズは可能です。
⇒Windows Serverのグループポリシーとの連携はできません。

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

製品仕様・機能変更の最新記事

製品仕様・機能変更
製品仕様・機能変更
製品仕様・機能変更
製品仕様・機能変更
製品仕様・機能変更
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ