Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Exchange Online

便利な「グループ」機能の使い分け方法

  • 2015年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便利な「グループ」機能の使い分け方法

本日は、特にExchange Onlineで便利な「グループ」の使い分け方法をご紹介します。
グループと名がつく機能だけでも3つもあり、さらに似たような機能が他にもあるので、どれを使っていいか迷ってしまいますよね。

●ユーザーをグループ化する「グループ」

Office 365内のユーザーを束ねる上位のグループ機能はこちら。

▼「セキュリティ」グループ

Exchange OnlineとSharePoint Onlineのユーザーグループにアクセス許可を割り当てるためのグループです。
上記の2つのサービスのアクセス権へいちいちユーザー単位でアクセス権を付与するのではなく、
セキュリティグループでユーザーを束ねて、まとめてアクセス権の付与ができます。
*セキュリティグループでユーザーとまとめて、この後出てくるExchange Onlineの配布グループ、共有メールボックスへセキュリティグループ単位でアクセス権の付与ができます。

▼「Office 365」グループ

2015年にリリースされた新機能(Exchange Online+OneDrive for Businessのグループ機能)です。
一番新しくユーザー主導で作成、管理ができる作業用の一時的な利用を想定したようなグループ機能となっています。
*一番仕様がグレーで管理機能が無いため、こちらのグループを使う際には、要注意。


●Exchange Onlineのメール機能「グループ」

Exchange Onlineの代表的な2つのグループ機能はこちら。

▼配布グループ

転送型のメールグループ(アドレス)、メール容量は持たず、受信したものをそのままユーザーへ転送するタイプのグループアドレスです。
*純粋なメーリングリストとはちょっと違いますので、その点もご注意ください。

▼共有メールボックス

送受信ができるメールグループ(アドレス)です。
メール容量は通常の50GB。
アクセス権を持つユーザーが共有メールボックスを参照し、そのグループアドレスで返信もできる便利なアドレスとなっています。



Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ