活用方法
画像

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
緊急事態宣言の発令で各企業対策に追われているなか、特にテレワーク実施環境の整備としてweb会議ツールに注目が集まっています。
Office 365相談センターへのお問い合わせも、Teamsのお問い合わせが爆発的に増えました。

そこで今回は、Office 365の利用状況に応じたTeamsの利用開始方法についてご紹介します。今からでもセキュリティも安心で安価に使えるweb会議ツール「Teams」を導入したい、という企業担当者の方は是非チェックしてみてくださいね。

Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)を既にご契約されているケース

Office 365 Business(Microsoft 365 Apps for Business)は、Word, Excel, PowerPointといったおなじみのOfficeアプリケーションだけをご利用できるプラン。こちらを契約されている場合、Teamsを含むパッケージプランの利用を申し込む必要があります。その方法にも3パターンありますので、自社に合った方法を採用ください。

解決方法1:Office 365 Business Premium(Microsoft 365 Business Standard)へ契約変更する

Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)の上位プランである、Office 365 Business Premium(Microsoft 365 Business Standard)にアップグレードすると、Teamsが使えるようになります。
Office 365 Business Premium(Microsoft 365 Business Standard)は、おなじみのOfficeアプリケーションに加えて、メール・スケジュール(Exchange Online)、クラウドストレージとファイル共有(SharePoint Online)、web会議・ビジネスチャット(Teams)といったグループウェア機能も含まれるパッケージプランです。

但し、現在"CSP"ライセンスで契約をしていると、プラン変更に伴う「あの面倒な」Officeのライセンス再認証、もしくはOfficeを入れ直しが必要になってしまいます。(こういうところ、どうにかしてほしいですよね...!)そうした面倒な作業が嫌な方は、若干割高ですが、次の方法も検討いただけますよ。

解決方法2:Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)を追加契約する

Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)に、Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)をプラン追加することでも、Teamsが使えるようになります。

解決方法1で示した、Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)が900円/月・ユーザー(税抜)からOffice 365 Business Premium(Microsoft 365 Business Standard)1,360円/月・ユーザー(税抜)へのアップグレードですと、+460円/月・ユーザー(税抜)ですが、この方法ですとOffice 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)540円/月・ユーザー(税抜)ですので、80円割高にはなります。

ただ、解決方法2なら、1つ目の解決方法のようなプラン変更ではないため、Officeの再認証や入れ直しの作業は発生しません。(面倒な作業はお金で解決しちゃおう...って感じの方法ですね。。。)こうした状況ですから、管理者の手間も最小限にとどめたいというニーズがある場合は、解決方法2を採用いただくことも良いかもしれませんよ。

解決方法3:Teams Exploratory(旧商用試用版)を申し込む

Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)をお持ちで、まだ本格的に使うか分からず、とりあえず検証をしたいという方も中にはいらっしゃいますよね。そんな方は、こちらの方法をお試しください。
Office 365 Business(Microsoft 365 App for business)を利用の環境から、Teams Exploratoryライセンス(試用版:2021年1月まで検証目的で利用できます。上限無制限【実際には管理画面上には500,000ユーザーライセンスが発行されます!】)をお申込みください。
お申込み方法は先日ご紹介しておりますので、下記を参考にしてくださいね。

Office 365をまだご契約されていないケース

では次に、Office 365を特にご契約されていない新規のお客さまの場合についてご紹介しましょう。
これから新たにTeamsを利用したいという場合は、ユーザーの利用規模が300名以下であれば、Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)を契約ください。ユーザーの利用規模が300名を超える場合は、Microsoft 365 E1をご契約ください。
それぞれ、価格は以下のとおりです。

  • Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic):540円/月・ユーザー(税抜)
  • Microsoft 365 E1:870円/月・ユーザー(税抜)

※おことわり※
実はTeamsには無料版もあるのですが、Office 365相談センターは法人向けのOffice 365の導入前のご相談窓口ですので、無料版Teamsの情報はございません。
無料版に関しては、以下のMicrosoftさんの情報からご確認ください。

まとめ

今回は、Office 365の現在のご利用状況に合わせて、Teamsをどう利用開始すればよいかについて、ご紹介してみました。

howtostart-teams.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • Office 365 Businessを既に契約されている場合
    ①Office 365 Business Premium(Microsoft 365 Business Standard)へ契約変更
    ②Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)を追加契約
    ③Teams Exploratory(旧商用試用版)を申し込む
  • Office 365の契約がない場合は下記どちらかをご契約
    ユーザーの利用規模が300名以下:Office 365 Business Essentials(Microsoft 365 Business Basic)
    ユーザーの利用規模が300名以上:Microsoft 365 E1をご契約

Teams導入のご相談は、Office 365相談センターにどうぞ!こんな状況ですから、人と人との接触を回避するための手段としてTeamsのビデオ会議(Web会議)、通話機能をフル活用して業務(経済活動)を継続しましょうね。

この他、法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

活用方法に関する記事

Teamsならオールインワン!Teamsの機能や強みをまとめてみました
コロナウイルスの蔓延で在宅勤務への対応が迫られる...!?対策はOffice 365で。
今さら聞けないTeams の仮想背景の設定方法と、管理者側であらかじめ任意の画像を追加しておく方法(プレビュー版)
OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
活用方法 OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
GDPR対応の助けになる便利機能とは?
活用方法 GDPR対応の助けになる便利機能とは?
「パスワード付きリンク」でもっと安全・便利にファイル共有
Office 365で事業継続計画(BCP)対策
活用方法 Office 365で事業継続計画(BCP)対策
Exchange Online / Outlookを利用しないでTeamsの会議予定を作成する方法
Teamsの新機能「ウェビナー」って何?ライブイベントとの比較や使ってみた感想
Teamsユーザー
Teams のチーム作成と管理のお悩み、解決いたします!
OneDrive for Business にバックアップはできる?
活用方法 OneDrive for Business にバックアップはできる?
方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
活用方法 方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ
知らないと損!?Exchange Onlineの4種類のアドレスを使いこなそう!
Teamsに「既読」機能が追加!どんな機能かご紹介します
Power AppsとPower Automateって何?どんな事ができる?プラン・価格まで一挙解説
初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
活用方法 初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
OneDrive for Businessの間違った使い方
活用方法 OneDrive for Businessの間違った使い方
Office 365のライセンスは複数ユーザーで使い回すことができない?真相を解説
SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
活用方法 SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
メール添付はもう古い!もっとスマートなファイル共有方法
OneDrive for Businessの外部共有設定が、より分かりやすく便利に!
在宅推奨や訪問禁止でお客さまと会えないなら、オンラインで営業訪問しよう!
Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法
添付文書が見える!編集できる!驚きのWebメール(OWA)
社内のファイルサーバーのファイルを一括でSharePointに移行する方法って?
Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
活用方法 Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
勉強会やセミナーのアンケートにも!Formsのススメ
もう パスワード付きzip はやめよう!OneDrive for Businessでスマートなファイル共有
便利な「グループ」機能の使い分け方法
活用方法 便利な「グループ」機能の使い分け方法
人工知能で、一歩進んだワークスタイル変革!?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!
Teamsは無料の
活用方法 Teamsは無料の"Skype"と接続できる?
Teams向けYOUTUBEアプリ連携で動画コンテンツをスムーズに共有する方法
Excel Servicesとは?
活用方法 Excel Servicesとは?
iPad ProでOfficeアプリが使えない?
活用方法 iPad ProでOfficeアプリが使えない?
新しい管理画面公開。ドメイン単位で外部共有制限!
OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
活用方法 OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
「見せたいけどダウンロードはさせたくない」資料の共有方法

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする