活用方法
画像

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
少し間が空いてしまいましたが、皆さん夏休みはしっかり満喫されましたか?
私はまとまって休みを取らなかったのですが、休みの日でもTeamsからポンポンと社内の連絡が飛んでくるので、(良くも悪くも...)お休みでも仕事を進めるのに十分なツールだよなぁ、なんて思った夏でした!

Teamsといえば、2020年2月から一部の裁判所で、民事裁判の争点の整理にMicrosoftのTeamsを活用を開始するんだとか。
それに加え、2021年7月末にはSkype for Businessのサービスの終了も先日発表されました。
今後ますますTeamsが注目されること間違いなし!、な状況ですね。
Office 365相談センターでも、Teams関連のお問い合わせが増えています。
今回は、そんなTeams関連でOffice 365相談センターによくあるお問い合わせ『Teams と Skype はつながるのか? 』について詳しくお話します。

おさらい:TeamsとSkypeの違いとは

Teams と Skypeはつながるのか?という話の前に、まずTeamsとSkypeの違いについて、おさらいしておきましょう!

Microsoft Teamsとは

詳しくは こちら をお読みいただければと思いますが、簡単におさらいすると、Teamsとは・・・

  • チーム内(多人数)でのチャット
  • 1:1でのチャット
  • 音声通話・ビデオ会議・オンライン会議
  • Office 365アプリとの連携(Outlookと連携したスケジュール管理、Plannerと連携したプロジェクトやタスク管理、SharePoint Onlineと連携したファイル共有やファイル共同作業など)
  • 在席状況確認

こんな機能が含まれた、チームやプロジェクト間のコミュニケーションを活性化させるためのコミュニケーションの『ハブ』となるツールです。
実は後述のSkype for Businessの後継製品でもあります。※

  • 現在(2019年9月4日時点)、Skype for Businessの新規ご契約はご案内しておりません。Skype for Businessが担ってきたweb会議機能はTeamsをお使いいただきます。

Skype / Skype for Business とは

法人利用向けの『Skype for Business』

Skype for Business とは、法人向けOffice 365で提供される法人向けのweb会議ツールです。現在でも一部既存のユーザーさまにはご利用いただいておりますが、冒頭にもお話したとおり、2021年7月31日(日本時間)をもって、Skype for Business Online は提供終了することとなりました。現在 Skype for Business Onlineをご利用中のお客さまは、提供終了日までは変わらずサービスをご利用いただけますが、2021年7月31日までに Microsoft Teams への移行が必要になります。
また、新規のOffice 365ユーザーに対しては、2019年9月1日より、Skype for Businessの機能はすべて Teams でご利用いただくようご案内しております。

一般消費者向けの『Skype』

ややこしいのが、ここです・・・!皆さんもSkypeの話が出たら「それはどっちの話なのかな?」と気をつけてくださいね。

Skypeとは一般消費者向けに無料で提供されているweb会議サービスです。読者の皆さんも、一度は使ったことがあるのではないでしょうか?(あ、それとも最近の方だとLineがメインなのでしょうか...?)

前述の法人向けweb会議サービスである「Skype for Business」と一般消費者向けの無料のweb会議サービス「Skype」は、主に同時会議参加人数やセキュリティ機能面で違いがあり、法人でご利用される場合はSkype for Businessのご利用を今までもおすすめしてまいりました。
Skype for BusinessとSkypeの違いはこちらの記事で詳しくお読みいただけますので、ぜひこちらも合わせてご参照ください!

Teams と Skype はつながるのか?

さて、この記事でお話する『Skype』とは、一般消費者向けに無料で提供されている『Skype』のお話です。
「無料のSkypeとTeamsはつながるのか?」というお問い合わせが、けっこうOffice 365相談センターに寄せられるんですよね。

というのも、Skype for Businessでは一般消費者向けの無料のSkypeと接続してコミュニケーションができていたためです。
しかし、残念ながら現在Teamsでは一般消費者向けの無料のSkypeと接続することができなくなっております。

Teamsと無料のSkypeは繋がらない...!?これからどうすれば?

無料のSkypeとの接続ができなくなってしまったSkype for Businessの後継製品「Teams」ですが、なんと2020年1-3月(予定)から無料のSkypeと接続できるようになるとの情報がマイクロソフトさんより発表されています。

これは嬉しいニュースですね。確かに、取引先さんのすべてがSkype for BusinessやTeamsのアカウントを持っているとは限りませんし。

Teamsと一般ユーザー向けSkypeとの相互運用性 Teamsと一般ユーザー向けSkypeの間の相互運用性が確立され、それぞれのユーザーがチャットや通話を用いてサービスを行き来できるようになります。Teamsと一般ユーザー向けSkypeとの相互運用性は2020 年の第 1 四半期にTeamsで利用できるようになる予定です。

引用:Microsoft | Windows Blog『Skype for Business Onlineの提供を2021年に終了』

まとめ

いかがでしたか?今回は、最近お問い合わせをよくいただく「Teamsと(一般消費者向けの無料の)SKypeはつながるのか?」についてお話しました。

teams-skype-connection.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • TeamsとSkypeの違い:
      ・Teams=法人向けのOffice 365に含まれる、web会議を始めとした機能が含まれたコミュニケーションツールでSkype for Businessの後継製品
      ・Skype=一般消費者(ユーザー)向けに無料で提供されているweb会議サービス
  • Teamsと(一般消費者向けの無料の)SKypeはつながるのか?⇒ 現時点では接続できない
  • 2020年1-3月(予定)から無料のSkypeと接続できるようになるかも?

Teamsは無料のSkypeとの接続もできるようになる、ので今までSkype for Businessでしか出来ないから、と延命されていた方にも朗報ですね。
記事中でも何度か触れているとおり、2021年7月31日でSkype for Business Onlineのサービスが終了しますし、Skype for Businessを延命利用されている方は、お早めにMicrosoft Teamsへアップグレードしましょう!ビジネスチャットの便利さと従来のWeb会議機能、さらにファイル共有機能がまとめて利用できるMicrosoft Teams、かなり便利です!

この他、法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお問い合わせ頂ますようお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

活用方法に関する記事

GDPR対応の助けになる便利機能とは?
活用方法 GDPR対応の助けになる便利機能とは?
人工知能で、一歩進んだワークスタイル変革!?
「見せたいけどダウンロードはさせたくない」資料の共有方法
添付文書が見える!編集できる!驚きのWebメール(OWA)
Power AppsとPower Automateって何?どんな事ができる?プラン・価格まで一挙解説
知らないと損!?Exchange Onlineの4種類のアドレスを使いこなそう!
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Microsoft Teamsの増え続ける「チーム」を整理するには?サードパーティ製品を活用したチームの整理方法
Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法
コロナウイルスの蔓延で在宅勤務への対応が迫られる...!?対策はOffice 365で。
初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
活用方法 初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
Office 365で事業継続計画(BCP)対策
活用方法 Office 365で事業継続計画(BCP)対策
Teamsユーザー
OneDrive for Business利用のメリット・デメリットと、利用禁止させる方法
Teams向けYOUTUBEアプリ連携で動画コンテンツをスムーズに共有する方法
社内のファイルサーバーのファイルを一括でSharePointに移行する方法って?
SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
活用方法 SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ
Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!
OneDrive for Businessの外部共有設定が、より分かりやすく便利に!
在宅推奨や訪問禁止でお客さまと会えないなら、オンラインで営業訪問しよう!
iPad ProでOfficeアプリが使えない?
活用方法 iPad ProでOfficeアプリが使えない?
Teams のチーム作成と管理のお悩み、解決いたします!
Exchange Online / Outlookを利用しないでTeamsの会議予定を作成する方法
OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
活用方法 OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
Teamsならオールインワン!Teamsの機能や強みをまとめてみました
Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
活用方法 Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
Office 365のライセンスは複数ユーザーで使い回すことができない?真相を解説
今さら聞けないTeams の仮想背景の設定方法と、管理者側であらかじめ任意の画像を追加しておく方法(プレビュー版)
今からTeams使い始めるには? Office 365の利用状況に応じたTeams利用開始の方法
便利な「グループ」機能の使い分け方法
活用方法 便利な「グループ」機能の使い分け方法
メール添付はもう古い!もっとスマートなファイル共有方法
OneDrive for Businessの間違った使い方
活用方法 OneDrive for Businessの間違った使い方
勉強会やセミナーのアンケートにも!Formsのススメ
ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
もう パスワード付きzip はやめよう!OneDrive for Businessでスマートなファイル共有
OneDrive for Business にバックアップはできる?
活用方法 OneDrive for Business にバックアップはできる?
OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
活用方法 OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
新しい管理画面公開。ドメイン単位で外部共有制限!
方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
活用方法 方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
Teamsに「既読」機能が追加!どんな機能かご紹介します
Teamsの新機能「ウェビナー」って何?ライブイベントとの比較や使ってみた感想
「パスワード付きリンク」でもっと安全・便利にファイル共有
Excel Servicesとは?
活用方法 Excel Servicesとは?

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする