活用方法
画像

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。

6月18日(火)、大阪府北部を中心に震度6度弱の地震があり、大阪府を中心に関西エリアでは甚大な被害が出ているとの報道がありました。
19日に入っても、まだ震度3以上の余震が続いている他、一部のインターネットメディアでは『南海トラフ巨大地震に繋がる可能性も...』というニュースもあり、予断を許さない状況が続いているようです。
被災された皆様には、Office 365相談センター一同、謹んでお見舞い申し上げます。

さて、ビジネスにおいては、やはりこういった自然災害があるたびに「事業継続計画(BCP)対策」という言葉が頭をかすめますよね。
何か災害が発生した時に、業務を無理なく、継続的に稼働させられるか・・・。
今回は、Office 365が果たす事業継続計画(BCP)対策についてお話したいと思います。

「事業継続計画(BCP)対策」とは?

先日の関西の方の大地震もしかり、2011年3月に起きた東日本大震災や、近年頻発している情報漏えい事件の発生を背景に、法人企業として災害発生時にどこまで業務を継続的に稼働させられるかは、企業経営において大事なキーワードとなっています。

事業の継続が困難になると想定しているリスクについて、中小企業庁の調べ(※1)によれば、企業規模問わず8割以上の企業が、「設備の故障」を挙げています。
また、それに続き多いのが、「自然災害」「情報セキュリティ上のリスク」。
いずれの事象も、顕在化すれば企業規模問わず甚大な被害が発生し、事業の継続が困難になることは容易に想定できますよね。

一方で、国内のBCPの策定状況(※2)を見てみると、BCP策定率(BCP策定済みと回答)は大企業で6割、中堅企業で3割程度にとどまっているようです。
日本政府としては、オリンピックイヤーの2020年までに、BCPの策定割合の目標を大企業のほぼ100%、中堅企業では50%と掲げていますから、今後より一層このBCPというワードには注目が集まっていくのではないでしょうか。

とはいえ新たに1からBCP対策を検討して導入しようと思うと、コスト的にも時間的にもなかなか難しいですよね。
Office 365には、この事業継続に求められる対策(機能)が数多く入っており、導入することで簡単にその効果を得ることができます。

  1. 中小企業庁委託、みずほ総合研究所による「中小企業のリスクマネジメントへの取組みに関する調査」2015年12月
  2. 内閣府防衛担当「平成27年度 企業の事業継続及び防災の取り組みに関する実態調査」

BCP対策に役立つOffice 365、3つのポイント

katsuyo-bcp.png

安否確認/緊急連絡対策

Office 365なら、スマホからでも簡単にメール、チャットで安否の確認ができます
大規模な震災時にはパケットが心配になるところではありますが、2011年の東日本大震災では、電話はつながらないけどネットは通じたため、メールやSNSなどのツールを駆使して家族の安否確認をしたというケースもありました。
端的な内容のメール、チャットで簡易的に緊急連絡が取ることができます。
※緊急連絡網の整備と一緒に、通信(連絡手段)も確保することも大切ですよ。

データ消失&漏洩対策

Office 365のメールやドキュメントファイルのデータは、稼働率保証99.9%のマイクロソフトのデータセンター(東日本・西日本の2拠点で冗長化されています)で大切に保管されています。
これが意味することはただ一つ。
Office 365ユーザーのデータは、かなり安全に保管されているということ。

世界で二番目にサイバー攻撃を受けながらそれを防ぎ続けているマイクロソフトだからこそ提供できる高いセキュリティ技術と体制。
物理的に大変堅牢に設計されているデータセンター。
さらにデータセンターは東西2拠点に設置され、互いに冗長化されてデータが保存されているから、どちらかが万が一稼働しなくなった場合でも、残った一方がすべてをカバーして稼働できる...
ここまでの設備を自社で1から整えるのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。

また、Office 365なら情報漏洩に対する安全対策もバッチリです。
メール機能では、アンチスパム、アンチウイルス、DKIM/DMARCはExchange Onlineの標準機能として搭載されています。

  • それだけでは足りない企業様向けには、メール本文中に怪しいURLや添付ファイルのチェックをしてくれるAdvanced Threat Protection(ATP)というオプションプランもご用意しています。
  • データ保存領域であるSharePoint OnlineやOneDrive for Businessも、Global IPアドレスでの利用許可や、外部ユーザーへの詳細な共有設定など、コンプライアンスに沿った使い方ができます。

テレワーク(柔軟な業務対応)対策

Office 365なら、スマホ用のOfficeアプリケーションや、Webブラウザーで使えるOffice Onlineが提供されています。
これらを活用すれば、オフィスの自分のPC以外でも、個人のスマホ、PCを使ってメール、ファイルの操作、さらにチャット、通話、ビデオ会議ができます。
インターネットがつながるその場所から、最低限の業務対応ができるようになりますね。

まとめ

日本は自然災害の多い国。
そんな日本でビジネスをする法人企業にBCP対策は必須と言えます。

しかしひとえにBCP対策、と言っても何から始めれば良いのか迷ってしまうところ。
お財布事情も、万が一に備えてのことにたっぷりと予算を割けるほどではない・・・

そこで、ぜひOffice 365を導入してみてください。
Office 365の導入が、あなたの会社のBCP対策に繋がります。

設備の故障や自然災害は不測の事態。
情報漏えいも、マルウェアがどんどん巧妙になってきている今、いつ発生するか分かりません。
しかし、どれも発生した後でどうしようと考えても手遅れです。
「BCP対策対策と言われても...」と対策未着手の企業担当者のみなさま、ぜひBCP対策としてOffice 365のご活用をご検討くださいね。

活用方法に関する記事

社内のファイルサーバーのファイルを一括でSharePointに移行する方法って?
Teamsに「既読」機能が追加!どんな機能かご紹介します
Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
活用方法 Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
勉強会やセミナーのアンケートにも!Formsのススメ
ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Teamsユーザー
GDPR対応の助けになる便利機能とは?
活用方法 GDPR対応の助けになる便利機能とは?
OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
活用方法 OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
Teams向けYOUTUBEアプリ連携で動画コンテンツをスムーズに共有する方法
Teams のチーム作成と管理のお悩み、解決いたします!
添付文書が見える!編集できる!驚きのWebメール(OWA)
便利な「グループ」機能の使い分け方法
活用方法 便利な「グループ」機能の使い分け方法
「見せたいけどダウンロードはさせたくない」資料の共有方法
OneDrive for Businessの間違った使い方
活用方法 OneDrive for Businessの間違った使い方
Teamsならオールインワン!Teamsの機能や強みをまとめてみました
Teamsは無料の
活用方法 Teamsは無料の"Skype"と接続できる?
方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
活用方法 方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
Exchange Online / Outlookを利用しないでTeamsの会議予定を作成する方法
Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法
Power AppsとPower Automateって何?どんな事ができる?プラン・価格まで一挙解説
OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
活用方法 OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
メール添付はもう古い!もっとスマートなファイル共有方法
今からTeams使い始めるには? Office 365の利用状況に応じたTeams利用開始の方法
「パスワード付きリンク」でもっと安全・便利にファイル共有
SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
活用方法 SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
人工知能で、一歩進んだワークスタイル変革!?
Office 365のライセンスは複数ユーザーで使い回すことができない?真相を解説
OneDrive for Business にバックアップはできる?
活用方法 OneDrive for Business にバックアップはできる?
知らないと損!?Exchange Onlineの4種類のアドレスを使いこなそう!
共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ
今さら聞けないTeams の仮想背景の設定方法と、管理者側であらかじめ任意の画像を追加しておく方法(プレビュー版)
コロナウイルスの蔓延で在宅勤務への対応が迫られる...!?対策はOffice 365で。
もう パスワード付きzip はやめよう!OneDrive for Businessでスマートなファイル共有
Excel Servicesとは?
活用方法 Excel Servicesとは?
Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!
新しい管理画面公開。ドメイン単位で外部共有制限!
iPad ProでOfficeアプリが使えない?
活用方法 iPad ProでOfficeアプリが使えない?
初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
活用方法 初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
在宅推奨や訪問禁止でお客さまと会えないなら、オンラインで営業訪問しよう!
Teamsの新機能「ウェビナー」って何?ライブイベントとの比較や使ってみた感想
OneDrive for Businessの外部共有設定が、より分かりやすく便利に!

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする