Office 365 全般

これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ

  • 2016年09月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ

Office 365のサービスがどんどん拡充されてきていますね。
そのため最近では、「どのプランでそのサービスが使えて、どのくらいの容量が割り当てられるの?」というお問合せを多くいただいております。
そんな皆さまの疑問に回答すべく、今回はOffice 365相談センターで確認しているOffice 365の各サービスの最新の容量をご紹介します。


◆基本的な各プランに割り当てられている容量

基本的なプランをご契約いただいた際に割り当てられる容量は以下のようになっております。

・メールとアーカイブ容量:Exchange Online Plan 1では...それぞれ50GB
・個人ファイル保管:OneDrive for Business Plan 1では...1TB
・全社ファイル保管:SharePoint Online Plan 1では...1TB+(0.5GB/User × 契約User数)
・ビデオ:E1相当を含むプランで利用が可能ですが、SharePoint Onlineの1TBの容量とは別に1TB利用可能です。
※Office 365ビデオは、1TBの容量です。


◆容量無制限が適用されるオプションプラン

容量無制限が適用されるオプションプランが以下の通りです。

・メール:Exchange Online Plan 2をご契約することでアーカイブ容量は無制限化
(2016年9月時点では、容量無制限化はまだされておらず、170GB迄の容量拡張に留まっているようです)
・個人ファイル保管:OneDrive for Business Plan 2相当を含むプランを5ユーザー以上ご契約することで個人ファイル保管容量は無制限化
※容量を無制限にするためには、ハードルが結構あるようですね・・・


◆その他の容量制限がないサービス

以下の3つのサービスは、容量に制限がありません。

・Yammer:社内SNS(Facebookのような)サービス
・Sway:オンラインで使えるプレゼンアプリ
・Office 365 Planner:簡単なチーム作業管理サービス


◆その容量は・・・グレーゾーン?なサービス

・Office 365 Groupは2つに容量が分かれます。
 -メール/予定表...50GB(共有メールボックスと同じ考え方)
 -ファイル共有、OneNote...SharePoint Online側の容量を利用
・Office 365 Delve:自分に関係するメール、ファイルを自動で表示してくれるサービス...⇒情報をかき集めて表示してくれるサービスのため、容量は使いません


160913.png


各サービスの容量や、拡張容量の情報が分かりにくい、というのはOffice 365の難しいポイントの一つですよね。
サービスが拡充されることは大歓迎ですが、容量も大きくよりシンプルになってくれるといいですね。


Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

Office 365 全般の最新記事

Office 365 全般
Office 365 全般
Office 365 全般
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ