Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

SharePoint Online

落とし穴?OneDrive for Business利用時の注意点!

  • 2015年02月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
落とし穴?OneDrive for Business利用時の注意点!

OneDrive for Businessが容量無制限になったことで、続々と法人様でご契約をいただいております。
ところが!利用開始前には想定しなかった落とし穴のようなお問合せも、たくさんいただくようになりました・・・。
そこで本日は、ちょっと落とし穴なお問い合わせへの回答をご紹介します。

OneDrive for Businessで共有されたファイル/フォルダーはどこで見れるの?

●よくあるお問合せ

OneDrive for Businessを利用開始して、同僚にファイル/フォルダーを共有してもらいました。
しかし、私のOneDrive for Businessの画面(ドキュメント)上には、
共有されたファイル/フォルダーが表示されません。なぜでしょうか?

●回答

OneDrive for Businessの(自分の)ドキュメント画面には表示されません!

OneDrive for Businessで別のユーザーから共有されたファイル/フォルダーは、
共有されたユーザーのOneDrive for Businessの「自分と共有」画面に表示されます。

※【自分と共有】という画面って?
素直に解釈すると、自分が公開したものが表示されるイメージですが、
正しくは、【自分に共有された】ファイル/フォルダーが表示されます。

OneDrive for Businessの容量とそのコストパフォーマンスから全社共有用に!
なんてちょっと変則的な使い方をされる方には、事前に知っておいていただきたいポイントです。
(利用開始されたお客さんから利用イメージが違う!!というお叱りを受けることもあるんですよ。。。)

そんな勘違いを無くすために、きちんとSharePoint OnlineとOneDrive for Businessの
共有表示の違いを確認してからご利用を開始してくださいね。


Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ