Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Exchange Online

初心者必見!Office 365のメール機能まとめ

  • 2018年05月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者必見!Office 365のメール機能まとめ

120px_gomichan-maru2.pngこんにちは、Office 365相談センターの五味です。

Office 365の中でも、サービスご提供開始以来人気のサービスの一つが「メール」の機能。
Office 365相談センターにも、毎月たくさんのお問合わせを頂いてます。

しかし、Office 365の「メール」と一言に言っても、

  • Exchange Online
  • Outlook
  • Outlook on the web

...と、実はいくつか種類があって、それぞれ機能や役割が違うんです。
確かに、ちょっとややこしいですよね...
そこで今回は基礎に立ち返って、"初心者必見!Office 365の「メール」に関するサービスまとめ"と題し、Office 365のメール機能について整理してご紹介します。

Exchange、Outlook、on the web...「メール」ってどれ?

冒頭でご紹介したように、Office 365の「メール」機能にはいくつか種類があり、それぞれ役割が異なります。
そもそも、お客さまによってメールの使い方は様々。

例えば...
・webメールを利用して、端末にデータを残したくない
・Outlookのアプリケーション上で、オフラインのときでもメールを確認したい

など。
そんなお客さま一社一社で違うメールの使い方に対応できるよう、いくつか種類をご用意しているんですね。
では早速次の項目から、それぞれの機能や役割についてご説明しましょう。

それぞれのサービスでできること

Exchange Online

Exchange Onlineとは、メールの送受信を行う「メールサーバー」のクラウド版です。

元々マイクロソフトが提供していた「Exchange Server」を、マイクロソフト自身が"クラウドサービス化"して提供をはじめたのがこれ。
マイクロソフト側でデータセンター(超巨大なサーバールーム)を用意して、そこに複数の企業(=お客さま)を相乗りさせる『マルチテナント方式』によって低価格で提供されます。
イメージしやすいよう簡単に喩えると、ビルを一棟マイクロソフトが用意して、そこの各フロア・各スペース(テナント)を間借りするようなイメージですかね。
これがいわゆるクラウドサービス、というヤツです。

今までのように、自社にサーバーを設置しないで済みますし、サーバーの管理はマイクロソフトがやってくれる。
IT管理者からすれば、とっても楽にメールを運用させることが出来るサービスなんですね。

Outlook

Outlookとは、メールを送受信したり管理したりする"ため"の"メールクライアント"、"アプリケーション"のこと。
ExcelやWordといったOffice アプリケーションの一つなので、Office 365 BusinessなどのOfficeだけのプランにも含まれています。

そして何より重要なのが、Outlookだけではメールの送受信ができないということ。
『Outlookさえあれば、メールが利用できるのでは?』と、前述したExchange Onlineの機能と混同されたり、勘違いされることが非常に多いのでここは注意してほしいポイントです。
Outlookはただの「メールを送るためのアプリケーション」なので、Outlookというアプリケーションに接続して、実際に裏でメールを運んでくれるメールサーバーの機能がないと、メール送受信は出来ないんですね。

もう少し詳しく説明してみましょう!
Yahoo!メールをスマートフォンのアプリケーションで使いたい、という場合の設定を思い出してください。
メールのアプリケーションはスマートフォンの規定アプリケーションを使うとして、「Yahoo!アドレスはこれで、パスワードはこれで...」といった情報を設定をしないと、Yahoo!メールは読めないですよね。
この場合の規定のメールアプリが「Outlook」のようなメールアプリケーションやメールクライアントと呼ばれるもので、Yahoo!メール自体が「Exchange Server」のような、いわゆるメールサーバーに該当します。

このあたりの理解が曖昧で、「Outlook買ったのにメールが出来ないじゃないか!」と間違ったプランで購入される方が後を絶たないのです...。

Outlook on the web

Outlook on the webは、Exchange Onlineに含まれるwebメールの機能です。
インターネットのブラウザ(IEやEdge,Chrome, Firefoxなどのこと)上でメールボックスの画面を開いて、メールを送受信したり管理することが出来ます。

Outlook on the webは、以前OWAと呼ばれていましたが、名称が変更されました。
ただ、現在でもOWAという呼称が定着していることから、この名称も度々利用されることもあります。

どれを選べば良い?利用方法に合ったプラン

ではOffice 365のメールについて理解したところで、想定される利用方法とそれに合ったプランをご紹介します。

利用ケース1:メールサービス自体の入れ替え検討中。Outlookも使いたい

今利用しているメールサーバーのサポート切れや、ホスティングメールサービスからの切り替えを検討している。
メールクライアントも今まで使ってきたお馴染みのOutlookが良いと思っている。

そんなアナタには...!
Exchange Online + Outlookを含むプラン(Office 365 Business、ProPlus、Business Premium、E3などのOfficeつきパッケージプラン)

★五味ちゃんオススメプラン★
Office 365 Business Premium または Office 365 E3

利用ケース2:Webメールのみ利用したい

メールデータはローカル上に残したくない。
webブラウザからアクセスできるwebメールがあれば充分だ。

そんなアナタには...!
Exchange Onlineの単体プラン

利用ケース3:使い慣れたメールクライアント「Outlook」だけ使いたい

メールサーバーはDNS事業者とまとめて契約してるから要らないけど、メールクライアントは使い慣れたOutlookが良いと思っている。
今のOutlookクライアントも古くなってきたし、新しいOutlookにしたい。

そんなアナタには...!
Officeアプリケーションを含むシンプルプラン(Office 365 Business、ProPlus)

  • Office 365には、企業の独自ドメインを取得できるサービスは含まれません。
  • Office 365で独自ドメインを利用してメールを送受信したい場合は、別途DNS事業者との契約が必要です。

まとめ

初心者でも理解しやすいようまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
まとめると...

Office 365の三大メール機能

  • Exchange Onlineとは:メールサーバーのクラウド版
  • Outlookとは:メールアプリケーション、クライアント
  • Outlook on the webとは:Exchange Onlineに含まれるwebメールサービス

このように、Office 365には、メールに関するサービスが複数提供されています。
それぞれの機能や役割を知り、自社に最適なプランを見つけてくださいね。

もしプラン選定でお困りの場合は、Office 365相談センターへお問合わせください。
Office 365相談センターでは、Office 365の専任スタッフが、法人向けOffice 365の導入前のお問合わせ、ご相談を承っております。

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ